カーブドッチ・ワイナリー

新潟新潟市西蒲区角田浜:(株)カーブドッチ

カーブドッチ・ワイナリー(CAVE D'OCCI/かーぶどっちわいなりー)は、1992年に設立された新潟を代表するワイナリー。海と砂に囲まれた、日本ワインの新たな銘醸地「新潟ワインコースト」の歴史は、ここから始まりました。
国産生ブドウかつ欧州系のワイン専用種のワインを造ることを目標に掲げ、ワイン未開の地でスタート。砂浜のような砂質土壌の適性品種を求めて、創業からこれまで40種類以上の品種を植えてきました。現在も約20種類のぶどうを栽培。その中でも適性品種として最も期待されているのがスペイン原産の白ワイン用品種「アルバリーニョ」です。
アルバリーニョをはじめとする数種類のブドウ品種をブレンドした「サブル」は、フランス語で「砂」を意味し、まさにこの土地の個性が表現されたフラッグシップワイン。そんな、風景が浮かぶようなワインを自在に生み出す醸造家・掛川史人(かけがわふみと)氏のワインは、ワイン愛好家から絶大な支持を集めています。

  • 新着

スパークリングワイン

カーブドッチ・ワイナリー

やまどり鳴く (ラブルスカ)

通常価格
¥3,520 (税込)
通常価格
販売価格
¥3,520 (税込)
単価
あたり 

大人気動物シリーズ!日本でしか作れない個性、ラブルスカ系品種(主に生食用、ジュース用に用いられるアメリカ系品種)の特徴を活かした微発泡ワイン

在庫状況

在庫あり

最良のジュースのような微発泡ワイン

【醸造家・掛川史人(かけがわふみと)氏のコメント】
東北地方のスチューベンをベースにキャンベルやデラウェアなどをアッサンブラージュして造りました。どの品種も強い個性を持つのであえて単一では造らず、各品種の長所と短所を組み合わせながら目指す味わいを造りました。

やまどり『鳴く』は1気圧程度の微発泡です。この程度の圧だとスパークリングワインというよりも、飲んだ時のボリューム感と爽やかさを増す役割です。瓶内に澱を少し残した状態で瓶詰を行っているので、瓶を立てた状態で保管したものを抜栓すると最後の方は濃いめの澱が混じり味わいが豊かになります。味わいを均一にしたい場合は抜栓5分ほど前に軽く振ってください。

トップに来るのはピンクグレープフルーツとイチゴを想わせる華やかな香り。口に含むと柔らかな質感の液体が舌の上に広がり、同時にかすかな発泡感が口の中を刺激します。2019年は昨年に比べ酸が穏やかな印象で、その分ボリュームが増したように感じます。第一印象はジュースのようで一般的なワインと味が大きく異なりますが、こんなワインも魅力的だと思います。

おすすめのペアリング

サラダやデザート、肉料理

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
スパークリングワイン
産地
新潟県
ワイナリー
カーブドッチ・ワイナリー
生産者
品種・ブレンド比率
スチューベン、キャンベル・アーリー、デラウェア(ブレンド比率:非公開)
生産年度
2019年
タイプ
辛口
味わい
まろやか
アルコール度数
10.5%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージとなります。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP