domaine tetta

岡山県新見市哲多町矢戸:tetta(株)

domaine tetta(ドメーヌテッタ/どめーぬてった)は、岡山県北西部、新見市哲多町で2016年秋にスタートしたワイナリー。2009年、ドメーヌワイナリーを目指してブドウ畑の開墾、苗植えに着手し、2016年に念願のワイナリーが完成。
新見市の土壌組成は、日本では希有な石灰岩土質で、古くからブドウ栽培の文化が根付く地域。石灰岩土質から成るブドウ(減農薬・草生栽培)のポテンシャルをワインに表現することをコンセプトに、醸造は自然的なアプローチで醸しています。野生酵母でゆっくり優しく発酵させ、酸化防止剤はほぼ不使用、補糖・補酸はしないこだわり。
ガラス越しには醸造作業、テラスからはブドウ畑を一望できるモダンな建築は、世界的に活躍する岡山出身のインテリアデザイナー、片山正通(かたやままさみち)氏がデザイン。現代アートが展示されたワイナリーには、レストランも併設。ワインに共通する一貫した世界観が、訪れる人々を魅了しています。

白ワイン

domaine tetta

2019 Chardonnay Barrique

通常価格
¥4,730 (税込)
通常価格
販売価格
¥4,730 (税込)
単価
あたり 

樹齢や仕立て方がさまざまな4区画のシャルドネを野生酵母で発酵し、旧樽で18ヶ月熟成。果実味とほのかに感じるミネラリーな苦味が魅力の白ワイン

在庫状況

在庫あり

大きめのグラスで時間をかけて味わいたい逸品!抜栓後、温度帯が上がった頃の甘い香りと樽香が心地よいシャルドネ白ワイン

旧樽で熟成したシャルドネの辛口白ワイン。樽熟期間は、tettaでは初の試みとなる18カ月。わずかに残る甘さと乳酸飲料的な穏やかな酸味のバランス、果実味とほのかに感じるミネラリーな苦味が魅力です。大きめのグラスで時間をかけて味わいたい逸品!

【ワイナリーのコメント】
微かに褐色がかったレモンイエロー。黄リンゴ、カリン、レモンのハチミツ漬け。ワックス、カマンベールなどの白カビチーズの香り。わずかに残る甘さと乳酸飲料的な穏やかな酸味のバランスが良く、アフターには果実味とミネラリーな苦味が優しく残ります。抜栓後、温度帯が上がってくると甘い香りと樽香がより感じられます。

樹齢や仕立て方がさまざまな4区画のシャルドネを、樽熟成させるのにベストなタイミングを探りながら丁寧に収穫、選果しました。全房でプレスして(MeとPNも一緒に)デブルバージュ後、温度管理はせずにゆっくりと野生酵母で発酵させました。新樽は用いず、tettaでは初の試みとなる18カ月樽熟成させました。

【お願い】
ワインの性質上、温度に敏感なワインのため、低温(10~15℃)での保管をお願いいたします。

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
白ワイン
産地
岡山県
ワイナリー
domaine tetta
生産者
品種・ブレンド比率
シャルドネ96%、メルロー3%、ピノ・ノワール1%
生産年度
2019年
タイプ
辛口
味わい
コクあり
アルコール度数
12%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(10度-15度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP