domaine tetta

岡山県新見市哲多町矢戸:tetta(株)

domaine tetta(ドメーヌテッタ/どめーぬてった)は、岡山県北西部、新見市哲多町で2016年秋にスタートしたワイナリー。2009年、ドメーヌワイナリーを目指してブドウ畑の開墾、苗植えに着手し、2016年に念願のワイナリーが完成。
新見市の土壌組成は、日本では希有な石灰岩土質で、古くからブドウ栽培の文化が根付く地域。石灰岩土質から成るブドウ(減農薬・草生栽培)のポテンシャルをワインに表現することをコンセプトに、醸造は自然的なアプローチで醸しています。野生酵母でゆっくり優しく発酵させ、酸化防止剤はほぼ不使用、補糖・補酸はしないこだわり。
ガラス越しには醸造作業、テラスからはブドウ畑を一望できるモダンな建築は、世界的に活躍する岡山出身のインテリアデザイナー、片山正通(かたやままさみち)氏がデザイン。現代アートが展示されたワイナリーには、レストランも併設。ワインに共通する一貫した世界観が、訪れる人々を魅了しています。

赤ワイン

domaine tetta

2019 Muscat Bailey A

通常価格
¥3,960 (税込)
通常価格
販売価格
¥3,960 (税込)
単価
あたり 

マスカット・ベーリーAの一大産地である岡山を代表するワイン!

在庫状況

在庫あり

イチゴやチェリーの可愛いワイン

tetta(テッタ)の赤品種の主力であるマスカット・ベーリーA。2013年一気に収穫量が減ったマスカット・ベリーAでしたが2014年は少しだけ回復。この年は雨などでまた収穫量減。外観は少し透けて通るキレイな赤色。イチゴやチェリー、レッドカラントなどの赤果実系と綿菓子の印象もあります。タンニン量は少ないものの、引き締まり感を感じられます。tettaのワインらしいチャーミングな仕上がり。

エピソード、ラベルのこだわり

マスカット・ベーリーAは、毎年安定したブドウがなる、tettaの大黒屋的な品種。マスカット・ベーリーAらしくないテクスチャーもありますが、この品種の良さも十分引き立っています。tettaのたくさんのブドウの木の中でも最も古い木です。21年間、前身の生産者からtettaの生い立ち、現在と長い歴史を一緒に刻み続けた木達です。これからも長い年月を一緒に刻み続ける想いを込め、クラシックな古時計をイラストにしました。

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
岡山県
ワイナリー
domaine tetta
生産者
品種・ブレンド比率
マスカット・ベーリーA99%、カベルネ・フラン1%
生産年度
2019年
タイプ
ミディアムボディ
味わい
エレガント
アルコール度数
12%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP