ココ・ファーム・ワイナリー

栃木県足利市田島町:(有)ココ・ファーム・ワイナリー

ココ・ファーム・ワイナリー(COCO FARM&WINERY/ここふぁーむわいなりー)は、栃木県を代表するワイナリー。1958年に中学の特殊学級の教員だった川田昇(かわたのぼる)氏と特殊学級の子どもたちが中心となり、2年がかりで勾配38度3ヘクタールの畑を開墾。その麓にこころみ学園が設立されました。その後ココ・ファーム・ワイナリーが設立され、醸造の認可が下りワイン造りを開始。急斜面の畑地は葡萄の生育に良いだけでなく、子どもたちの心身を鍛えるためにも重要な役割を果たしました。

赤ワイン

ココ・ファーム・ワイナリー

2018 ピノ・ノワール (こことあるシリーズ)

通常価格
¥6,600 (税込)
通常価格
販売価格
¥6,600 (税込)
単価
あたり 

色の淡さとは対照的に、しっかりとした奥行きと余韻を兼ね備えた、ピノ・ノワールの極上赤ワイン

在庫状況

在庫あり

新しい形のピノ・ノワール!数多くの生産者に影響を与えてきた現代の日本ワインのキーパーソン、ブルース・ガットラヴ氏とのコラボシリーズ

数多くの生産者に影響を与えてきた現代の日本ワインのキーパーソン、北海道「10R(とある)ワイナリー」のブルース・ガットラヴ氏と「ココ・ファーム・ワイナリー」とのコラボレーションによる「こことあるシリーズ」。高品質に造るのが難しいとされているピノ・ノワールを野生酵母で醗酵した赤ワイン。フルボディのがっしりとしたタイプです。

【ワイナリーのコメント】
フルーティーかつフローラルなアロマと硬質な酸が豊かな、芯の太い味わいの赤ワインです。余市の契約農家・木村農園で健やかに育ったピノ・ノワールを、ニューヨーク生まれの醸造家、ブルース・ガットラヴ氏が北海道岩見沢で野生酵母で醗酵させました。2018年ヴィンテージは、典型的な冷涼な気候のもたらす赤いフルーツという特徴とは対照的に、格別なバランスと熟した黒いフルーツのキャラクターを兼ね備えたものとなりました。

おすすめのペアリング

ベーコンとルッコラのサラダ、鮪のカルパッチョ、ポルチーニ茸のリゾット、煮穴子、オマール海老のテルミドール、鴨胸肉のロースト オレンジ風味、チキンの照り焼き、ローストポークのクリームソース、ヴァランセ、エポワス、シャウルス

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
栃木県
ワイナリー
ココ・ファーム・ワイナリー
生産者
品種・ブレンド比率
ピノ・ノワール100%
生産年度
2018年
タイプ
フルボディ
味わい
がっしり
アルコール度数
12.5%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP