Fattoria AL FIORE

宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢:(株)Meglot

Fattoria AL FIORE(ファットリア アルフィオーレ/ふぁっとりあ あるふぃおーれ)は、2015年からワインをつくっている「農場=Fattoria」と代表の目黒浩敬(めぐろひろたか)氏が2002年仙台市内に開いたイタリアンレストラン「AL FIORE」から名付けられました。「一輪の花」を意味するAL FIOREという言葉にはもっと多くの人々の幸せへと広がるようにという願いが込められています。廃校になった小学校の体育館を改修して使用しているワイナリーは、多くの人の想いが詰まっています。

赤ワイン

Fattoria AL FIORE

Verde 2020

通常価格
¥5,170 (税込)
通常価格
販売価格
¥5,170 (税込)
単価
あたり 

トップキュベ「Rosso」に続く、セカンド的な位置付けのメルローの赤ワイン。「Rosso」の畑のアーリーピッキングしたブドウを樽熟成!

在庫状況

在庫あり

トップキュヴェ「Rosso」と同じ畑のメルローを使用。あと2~3年かけてポテンシャルを感じられる赤ワインですが、現在でも十分に楽しめる味わい!

Fattoria AL FIORE(ファットリア アル フィオーレ)シリーズのトップキュベ「Rosso(ロッソ)」に続く、セカンド的な位置付けのメルローの赤ワイン!「Rosso」の畑のアーリーピッキング(ブドウは完全に熟した状態)したブドウを樽熟成したのがこの「Verde(ヴェルデ)」です。あと2~3年かけてポテンシャルを感じられるミディアムボディの赤ワインですが、現在でも十分に楽しめる味わいに仕上がっています。抜栓後1時間から翌日にかけて少しずつ香りが開いてきます。

【醸造家・目黒浩敬(めぐろひろたか)氏のコメント】
Fattoria AL FIOREシリーズのトップキュベ「Rosso」に続く、セカンド的な位置付けのワインになりました。「Rosso」は畑の30%を早めに収穫し、その残りのブドウをさらに3週間ほど樹の上で追熟させてから仕込みますが、そのアーリーピッキングしたブドウを樽熟成させたものが、この「Verde」です。アーリーピッキングといっても、収穫糖度は23度近くになりますので、完全に熟した状態です。かすかな樽の香りやダークチョコレートのようなカカオのニュアンス、和胡桃のようなナッツの香ばしさやコクが感じられ、前面にくる果実味も落ち着いてきております。まだまだ硬さが残るものの、抜栓後1時間から翌日にかけて少しずつ開いてきます。

「Rosso 2020」はまだまだ先でのリリースとなりますが、「Verde」に関しては、大野さんの育てるメルローの良さが、垣間見えるように少しずつ成長しております。あと2~3年かけて、そのポテンシャルを感じることができると思いますが、現在でも充分に楽しめるワインではないかと思っております。抜栓数日でマメることもありませんので、グラスで数日かけてゆっくりとお楽しみいただけましたら幸いです。

大野農園のメルローを、収穫後に全て除梗した後、開放曹にてさまざまな要素を充分に引き出すため30日間の醸し発酵後、プレス。ステンレスタンクにて嫌気性の熟成後、オリが充分に下がった状態で、古樽にて5カ月間の樽熟成後にボトリング。さらに7カ月間の瓶内熟成を経てリリース。

Label Design by ito design studio Paper 潮紙

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
宮城県
ワイナリー
Fattoria AL FIORE
生産者
品種・ブレンド比率
メルロー100%
生産年度
2020年
タイプ
ミディアムボディ
味わい
旨み
アルコール度数
13%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP