ココ・ファーム・ワイナリー

栃木県足利市田島町:(有)ココ・ファーム・ワイナリー

ココ・ファーム・ワイナリー(COCO FARM&WINERY/ここふぁーむわいなりー)は、栃木県を代表するワイナリー。1958年に中学の特殊学級の教員だった川田昇(かわたのぼる)氏と特殊学級の子どもたちが、2年がかりで平均勾配38度の3ヘクタールの畑を開墾。その麓にこころみ学園が設立されました。その後ココ・ファーム・ワイナリーが設立され、醸造の認可が下りワイン造りを開始。急斜面の畑地は葡萄の生育に良いだけでなく、子どもたちの心身を鍛えるためにも重要な役割を果たしました。ワイナリーの敷地内には、こころみ学園栽培の新鮮野菜やハーブ、足利マール牛など、地元の農産物や安全な素材を中心に、 自家製ワインとともに美味しい料理が楽しめるココ・ファーム・カフェや、葡萄畑や醸造タンクも見渡せるワインショップが併設されています。

スパークリングワイン

ココ・ファーム・ワイナリー

北ののぼ 2015

通常価格
¥7,260 (税込)
通常価格
販売価格
¥7,260 (税込)
単価
あたり 

現代の日本ワインの父ブルース・ガットラヴ氏による、まさにシャンパーニュのようなスパークリングワイン!52ヶ月以上瓶内熟成を経た逸品

在庫状況

在庫あり

日本ワイントップレベルの瓶内二次発酵スパークリングワイン!長期熟成による深いコク、美しい黄金色が魅力

ココ・ファーム・ワイナリーの取締役であり、"現代の日本ワインの父"と称されるブルース・ガットラヴ氏が手がける、瓶内二次発酵の辛口コクあり本格スパークリングワイン。北海道余市のピノ・ノワールとシャルドネ、ピノ・ムニエから、キュヴェ(原酒)を醸造した、まさにシャンパーニュのような味わいの傑作です。造る工程のほとんど全てが手作業で造られ、のびやかな酸、上品なコクが特徴。

2012ヴィンテージがG7広島外相会合1日目の岸田大臣夫人主催夕食会の乾杯で採用、2017年のメイ英首相歓迎夕食会で採用されました。

【ワイナリーのコメント】
2015年は木村農園のキリリとしたおいしい酸を持つピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエを最適なタイミングで収穫。ブルース・ガットラヴ氏の岩見沢の醸造場「10R(トアール)」で、房のままていねいに搾って、純粋なフリーランの果汁だけを取り出し、自然の持ち味を活かすため、野生酵母で一次発酵させました。翌2016年の春、足利のココ・ファーム・ワイナリーにワインを運び、ワインに蔗糖(しょとう)と酵母を加え、すばやくビン詰し王冠で打栓。このティラージュ(Tirage、ビン詰め)後、ワインを暗く涼しい静かなセラーに寝かせました。

一本一本の瓶のなかでワインは2番目の発酵をおこないながら複雑さを増し、酵母が働いてデリケートで細かな泡を生み出します。そしてこの瓶内二次発酵後も、さらに香りの複雑さと口当たりの厚みを引き出すため、52カ月以上、瓶内でワインを酵母の澱と接触させました。ワインが瓶内熟成で最高の状態になった2020年冬より、こころみ学園の園生たちが、毎朝毎晩、瓶を45度ずつ回してルミアージュ(Remuage)をおこない、澱を瓶の口に集めました。その後、瓶口の澱を冷却機で凍らせ、王冠と同時に澱を取り除き(デゴルジュマン:Degorgement)、同質のワインを補って糖分を加えないナチュール(Nature)の状態でコルク打栓し、ミュズレとワイヤーをかけました。

おすすめのペアリング

生牡蠣(レモンで)、あん肝、鶏皮ポン酢、クロックムッシュ、豚リエットのタルティーヌ、シャウルスなどの白カビチーズ、クリームチーズにリンゴや梨とハチミツを添えて、紅茶のシフォンケーキ

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
スパークリングワイン
産地
栃木県
ワイナリー
ココ・ファーム・ワイナリー
生産者
品種・ブレンド比率
ピノ・ノワール75%、シャルドネ21%、ピノ・ムニエ4%
生産年度
2015年
タイプ
辛口
味わい
コクあり
アルコール度数
11.5%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP