ココ・ファーム・ワイナリー

栃木県足利市田島町:(有)ココ・ファーム・ワイナリー

ココ・ファーム・ワイナリー(COCO FARM&WINERY/ここふぁーむわいなりー)は、栃木県を代表するワイナリー。1958年に中学の特殊学級の教員だった川田昇(かわたのぼる)氏と特殊学級の子どもたちが中心となり、2年がかりで勾配38度3ヘクタールの畑を開墾。その麓にこころみ学園が設立されました。その後ココ・ファーム・ワイナリーが設立され、醸造の認可が下りワイン造りを開始。急斜面の畑地は葡萄の生育に良いだけでなく、子どもたちの心身を鍛えるためにも重要な役割を果たしました。

スパークリングワイン

ココ・ファーム・ワイナリー

北ののぼロゼ 2015

通常価格
¥7,480 (税込)
通常価格
販売価格
¥7,480 (税込)
単価
あたり 

瓶内二次発酵を経て52ヵ月以上熟成したココ・ファームの自信作!ピノ・ノワール主体の、シャンパーニュを思わせる本格ロゼスパークリングワイン

在庫状況

在庫あり

ルミュアージュをはじめ、ほとんど全ての工程を手作業でおこなうこだわり!芳醇な香り、のびやかな酸、上品なコクが楽しめるロゼスパークリングワイン

瓶内二次発酵を経て52ヵ月以上熟成!北海道余市のピノ・ノワールとシャルドネを主体とした辛口コクあり本格ロゼスパークリングワイン。ピンクトパーズの色調は、アッサンブラージュしたピノ・ノワールによるもの。

香りは、ピンクグレープフルーツやイチゴ、伊予柑にベーコンやトーストのスモーキーさ、キノコやナッツの香りが加わり複雑に感じられます。しっかりとした酸とともに、果実の甘やかさ、渋みやスモーキーな味わいで骨格も感じられる逸品。

長い時間と丁寧な手仕事が生み出す、のびやかな酸と上品なコク、華やかな色と味わいをお楽しみください。

【ワイナリーのコメント】
北海道余市の木村農園で、2015年に収穫されたピノ・ノワールとシャルドネとピノ・ムニエのブドウから造りました。良いスパークリングワインには豊かな酸が欠かせません。そこで木村農園では、それぞれのブドウを最適なタイミングで収穫。収穫後はブルース・ガットラヴ氏の岩見沢の醸造場「10R(トアール)」で、ブドウを房のまま搾り、フリーランの果汁だけを取り出して、野生酵母で一次発酵させました。翌2016年の春、このキュヴェ(原酒)を足利のココ・ファーム・ワイナリーに運び、蔗糖(しょとう)と酵母を加え、すばやくビン詰して王冠で打栓しました。このティラージュ(ビン詰め)の後は、涼しいセラーで52カ月以上寝かせました。ワインは静かにビン内で2番目の発酵をおこないながら、繊細で細やかな泡を生み出し、熟成を経て、さらに香りの複雑さとボディの厚みを加えていきました。2020年の冬、最高の状態になったワインを、こころみ学園の園生たちが毎朝毎晩ビンを45度ずつ回してルミュアージュをおこない、澱をビン口に集めました。その後、ビン口の澱を冷却機で凍らせ、王冠と同時に澱を取り除き(デゴルジュマン:Degorgement)、アッサンブラージュ法で2020年のピノ・ノワールの赤ワインを少量加えて、味わいと香りのバランスを整え、ナチュールの状態で打栓し、ワイヤーをかけました。

おすすめのペアリング

イチゴのサラダ、冷やしトマト、いぶりがっこ、きんぴらごぼう、キノコのアヒージョ、スモークサーモンのカルパッチョ、ボルシチ、ホタテのコロッケ、アランチーニ、海老の棒春巻き、グレープフルーツのゼリー寄せ

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
スパークリングワイン
産地
栃木県
ワイナリー
ココ・ファーム・ワイナリー
生産者
品種・ブレンド比率
ピノ・ノワール76%、シャルドネ20%、ピノ・ムニエ4%
生産年度
2015年
タイプ
辛口
味わい
コクあり
アルコール度数
11.7%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP