ヒトミワイナリー

滋賀県東近江市山上町:(株)ヒトミワイナリー

ヒトミワイナリー(HITOMI WINERY/ひとみわいなりー)は、琵琶湖の南、紅葉で有名な滋賀県東近江(旧永源寺町)に位置する、「にごりワイン」の専門メーカー。1984年当時アパレルメーカーの社長だった創設者・図師禮三(ずしれいぞう)氏は本当に自分のやりたいことをやろうと、大のワイン好きだったことから独自のワイン造りをしたいと思い立ち、全くのゼロからのスタートで自社農園のブドウ畑やワイナリーを設立。1991年にヒトミワイナリーが正式にオープンしました。「ワインを美味しく楽しくお届けしたい」と手造り、手詰め作業でワインを造っています。ワイナリーの敷地内には、天然酵母パンをはじめハード系のパンを中心とする「パンの匠 ひとみ工房」を併設。素材を楽しむ「にごりワイン」に負けないよう、小麦本来の味わいがしっかりと楽しめる手作りのパンを製造しています。

スパークリングワイン

ヒトミワイナリー

h3 IKKAKU (イッカク) 2021 赤

通常価格
¥2,530 (税込)
通常価格
販売価格
¥2,530 (税込)
単価
あたり 

醤油を使った料理を中心に、日々の料理と合わせて楽しむのがおすすめ!ヒトミワイナリーでおなじみ「h3シリーズ」の赤の微発泡ワイン

在庫状況

在庫あり

大人気の「h3(エイチスリー)シリーズ」!マスカット・ベーリーAの瓶内二次発酵スパークリングワイン

ヒトミワイナリーを代表する「h3シリーズ」の微発泡ワイン。山形県、岩手県、長野県、山梨県など、日本各地の農家で栽培されたブドウでワイン造りをおこなっているヒトミワイナリーが、さまざまな土地の個性を持つブドウを組み合わせて仕立てる発泡ワインのシリーズです。

「h3 IKKAKU(エイチスリー イッカク) 2021 赤」は、山梨県産のマスカット・ベーリーAをマセラシオン・カルボニック(macération carbonique)法(主にボジョレー・ヌーボー/Beaujolais Nouveauの醸造で用いられ、色素を最大限に抽出し、フレッシュな香りを出すのが特徴的な技法)で仕込み、瓶内二次発酵させたフルーティーな辛口のスパークリングワインです。タレの焼き鳥や漬けマグロなど、醤油を使った料理を中心に、日々の料理と合わせて楽しむのがおすすめ!

【ワイナリーのコメント】
これまでのIKKAKUはマスカット・ベーリーA主体にキャンベルスをブレンドしていましたが、2021ヴィンテージはマスカット・ベーリーAのみで造りました。山梨県産のマスカット・ベーリーAをマセラシオン・カルボニック法で仕込み、プレス後にオリと一緒にタンクで落ち着かせた後、補糖をおこない瓶詰めすることで瓶内二次醗酵ワインに仕上げています。いわゆるオフフレーバーといわれる香り、味わいを比較的強く感じるワインです。ワインだけを味わうよりも、食事と共にお楽しみいただくことをオススメします。元気に発泡していますので、よく冷えた状態での抜栓をお願いいたします。

h3シリーズは以下の3つの想いが詰まっています。
h1...Hitomi Like ヒトミらしさ
h2...Handmade ひとつひとつ手で
h3...Happou Wine 発泡の田舎ワイン

おすすめのペアリング

【ワイナリーのおすすめ】
お好み焼き

▼「h3(エイチスリー)シリーズ」はこちら

▼「シリーズ・日本ワインが生まれるところ。滋賀『ヒトミワイナリー』にインタビュー!」特集コンテンツはこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
スパークリングワイン
産地
滋賀県
ワイナリー
ヒトミワイナリー
品種・ブレンド比率
マスカット・ベーリーA100%
生産年度
2021年
タイプ
辛口
味わい
フルーティー
アルコール度数
9%
サイズ
720ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※清澄・濾過をおこなっていないため成分が沈殿しますが、身体を害するものではありません。 酸化防止剤不使用のため冷暗所での保管をお願いします。
※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP