Fattoria AL FIORE

宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢:(株)Meglot

Fattoria AL FIORE(ファットリア アルフィオーレ/ふぁっとりあ あるふぃおーれ)は、2015年からワインをつくっている「農場=Fattoria」と代表の目黒浩敬(めぐろひろたか)氏が2002年仙台市内に開いたイタリアンレストラン「AL FIORE」から名付けられました。「一輪の花」を意味するAL FIOREという言葉にはもっと多くの人々の幸せへと広がるようにという願いが込められています。廃校になった小学校の体育館を改修して使用しているワイナリーは、多くの人の想いが詰まっています。

オレンジワイン

Fattoria AL FIORE

Anco

通常価格
¥3,960 (税込)
通常価格
販売価格
¥3,960 (税込)
単価
あたり 

Fattoria AL FIOREで飼われているネコをモチーフにした7種のネコシリーズワイン!キジトラ猫のAncoはsolaのお嫁さん

在庫状況

SOLD OUT SOLD OUT

しっかり旨味を引き出したリッチなオレンジワイン

【ワイナリーのコメント】
毎年、おなじみの山形県南陽市の風間利信(かざまとしのぶ)氏のデラウエア を使用したAnco(アンコ)。風間さんの畑は、30度ほどの斜面に棚で仕立ててあります。樹齢はおおよそ30年と聞いています。2019年のデラウェアは、糖度はだいたい19度〜20度ほど。2019年の夏は、梅雨が長く、9月に入り収穫時期に雨や台風の直撃もあり、超完熟まではいきませんが、長雨の前にあえてキレイな酸が残った状態で収穫させていただきました。2019年のAncoも風間さんのデラウェアの良さを最大限に活かせるよう仕込みをおこないました。醸した期間は6日間ほど。アンフォラ※と樽を使い、数種類の仕込み方法を用いて、最後にブレンドしています。

単一品種ですが幾つかの醸造法を用いることによって、深みを出したり、より華やかさを引出したり、発酵やエイジングに引出しつつ、最終的にバランスを見ながら整えております。まさに料理を作るように仕立てているワインかもしれません。味わいも2018年のAnco同様、酸が残り爽やかさを持ちつつもデラウェアのほのかな甘みと華やかさと奥行きが感じられるワインになりました。1年1年、新しいワインにトライしていきたいと考えています。どうぞ、お楽しみください。

※アンフォラ:素焼きの甕。ワインの発祥地といわれる、ジョージアの伝統製法では「クヴェヴリ」と呼ばれるアンフォラが使われ、この醸造方法で造られるオレンジワイン(アンバーワイン)と共に世界で注目を集めています。

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
オレンジワイン
産地
宮城県
ワイナリー
Fattoria AL FIORE
生産者
品種・ブレンド比率
デラウェア100%
生産年度
2019年
タイプ
やや辛口
味わい
コクあり
アルコール度数
10%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP