Fattoria AL FIORE

宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢:(株)Meglot

Fattoria AL FIORE(ファットリア アルフィオーレ/ふぁっとりあ あるふぃおーれ)は、2015年からワインをつくっている「農場=Fattoria」と代表の目黒浩敬(めぐろひろたか)氏が2002年仙台市内に開いたイタリアンレストラン「AL FIORE」から名付けられました。「一輪の花」を意味するAL FIOREという言葉にはもっと多くの人々の幸せへと広がるようにという願いが込められています。廃校になった小学校の体育館を改修して使用しているワイナリーは、多くの人の想いが詰まっています。

オレンジワイン

Fattoria AL FIORE

HOHOEMI 2020

通常価格
¥4,730 (税込)
通常価格
販売価格
¥4,730 (税込)
単価
あたり 

限定数入荷!ワイナリーと同じ宮城・川崎町に住むアーティスト「maishinta」とコラボレーションした特別なオレンジワイン

在庫状況

残りわずか

ワイナリーではいつも店内BGMとして流れている、「maishinta」とのコラボレーションワイン!

限られた本数のみ入荷!ワイナリーと同じ川崎町に住むアーティスト「maishinta(マイシンタ)」とのコラボレーションワイン。フルアルバムがダウンロードできる、スペシャルなオレンジワインです!2019年の「AYAME」より一層リッチな仕上がりになったデラウェア100%のやや辛口フルーティーなオレンジワイン。生産本数496本。

【醸造家・目黒浩敬(めぐろひろたか)氏のコメント】
音楽とのコラボレーション企画、第2回の今年はなんと、ボトリングをしながらライブコンサートをおこなうという、類稀なるイベントを開催。2019ビンテージのmaishintaとのコラボレーションワイン「AYAME」も、多くのご好評いただきましたので、より一層気合が入りました(笑)。はっきり言って、FAFシリーズ「Arancia(アランチャ) 2021」のスペシャルロットです♪今年のアランチャは、完全オーガニックで育てた福井さんのデラウェアで仕込んでいます。ご存知の方も多いとは思いますが、アランチャはアンフォラとバリックで仕込んでいます。しかしながら、2020年には実験的に嫌気性のステンレスタンクでの熟成も試みました。そのステンレス熟成のアランチャを、別ロットで詰めたワインが、今年の音楽シリーズmaishintaの「HOHOEMI」です。ドライアプリコットのようなオレンジ色のドライフルーツ、干し草、しっかりとしたアルコール感を感じる香りに、味わいは胡椒やドライフルーツ、若干のアンゴスチェラビターズのような苦味やタンニンが相まって、しっかりとした骨格と綺麗な酸のバランスがよくまとまっています。抜栓後の経過も長く、2週間はゆっくりと確実に上がっていきます。収穫後から4日間スキンコンタクトをしたものと、アンフォラにて5カ月間のロングスキンコンタクトをした2種類のオレンジワインを、ステンレスタンクに合わせ、4カ月間静置・熟成をかけたのちボトリング。さらに、7カ月間の瓶内熟成を経てリリースしました。

Label Design by maishinta

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
オレンジワイン
産地
宮城県
ワイナリー
Fattoria AL FIORE
生産者
品種・ブレンド比率
デラウェア100%
生産年度
2020年
タイプ
やや辛口
味わい
フルーティー
アルコール度数
13%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP