ルミエールワイナリー

山梨県笛吹市一宮町南野呂:(株)ルミエール

ルミエールワイナリー(Lumiere Winery/るみえーるわいなりー)は、山梨県笛吹市で代々続く老舗で、大正時代には宮内庁御用達となった由緒あるワイナリーです。明治18年(1885年)、降矢徳義(ふりやとくぎ)が甲州園(現在のルミエール)の前身となる降矢醸造場を創設。その後、大正7年に皇室御用達となり、昭和2年には昭和天皇御即位の御大典祝賀用に採用された歴史があります。

創業時から「本物のワインを造るには、本物のブドウを育てること」をモットーに、ワイン用ブドウの栽培を続け、自社農園では雑草を生かした「草生栽培」、人工的に耕さない「不耕起栽培」による土づくりをしているのもこだわりの一つ。雑草を増やすことにより多種の生物が共存する環境「生物多様性」が守られ、たくさんの動植物が生命を営んでいます。そのため、地上では虫によるブドウへの食害が減り、地下では水はけのよい柔らかい土壌が作られます。

1998年に国登録有形文化財に、2018年には日本遺産の構成要素に認定された「石蔵発酵槽(いしぐらはっこうそう)」でも有名。明治34年(1901年)に"日本のワイン王"と呼ばれた実業家・神谷傳兵衛(かみやでんべえ)氏の指導を受け、扇状地の傾斜を利用した日本初のヨーロッパ型横蔵式地下発酵槽で、現在も使用されています。

白ワイン

ルミエールワイナリー

光 甲州 2019

通常価格
¥3,850 (税込)
通常価格
販売価格
¥3,850 (税込)
単価
あたり 

自社農園で育てたブドウを使った「光」シリーズ!甲州を樽発酵した後、20カ月の樽熟成によって仕上げた、ルミエールワイナリーの代表作

在庫状況

在庫あり

フランス語で「光」を意味する「ルミエール」を象徴する甲州白ワイン!2018ヴィンテージが「DWWA2021」でプラチナ受賞

自社農園で育てたブドウを使った「光」シリーズの甲州白ワイン!自社農園で栽培した甲州種を樽発酵した後、20カ月の樽熟成によって仕上げた、ルミエールワイナリーの代表作。凝縮感のある果実のアロマにバターやローストしたナッツのような力強い香り、ほどよい酸と旨味が溶け込んだ、厚みのある味わいが楽しめるコクのある辛口タイプです。

2018ヴィンテージが、"最も金賞を取ることが難しい世界的アワードのひとつ"とも評されている「Decanter World Wine Awards 2021 (DWWA2021/デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2021)」でワイナリー初となるプラチナ受賞!

【受賞歴】

2018年ヴィンテージ:2021年「Decanter World Wine Awards 2021 (DWWA2021/デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2021)」プラチナ受賞

▼「シリーズ・日本ワインが生まれるところ。山梨『ルミエールワイナリー』にインタビュー!」特集コンテンツはこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
白ワイン
産地
山梨県
ワイナリー
ルミエールワイナリー
品種・ブレンド比率
甲州100%
生産年度
2019年
タイプ
辛口
味わい
コクあり
アルコール度数
12%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP