ココ・ファーム・ワイナリー

栃木県足利市田島町:(有)ココ・ファーム・ワイナリー

ココ・ファーム・ワイナリー(COCO FARM&WINERY/ここふぁーむわいなりー)は、栃木県を代表するワイナリー。1958年に中学の特殊学級の教員だった川田昇(かわたのぼる)氏と特殊学級の子どもたちが中心となり、2年がかりで勾配38度3ヘクタールの畑を開墾。その麓にこころみ学園が設立されました。その後ココ・ファーム・ワイナリーが設立され、醸造の認可が下りワイン造りを開始。急斜面の畑地は葡萄の生育に良いだけでなく、子どもたちの心身を鍛えるためにも重要な役割を果たしました。

  • 新着

白ワイン

ココ・ファーム・ワイナリー

2019ぴのぐり (こことあるシリーズ)

通常価格
¥4,510 (税込)
通常価格
販売価格
¥4,510 (税込)
単価
あたり 

2014ヴィンテージがJAL国際線ファーストクラス機内にて採用!日本最高峰のナチュラルワインのひとつ

在庫状況

在庫あり

現代の日本ワインのキーパーソン、ブルース・ガットラヴ氏によるシリーズ。北海道余市の優れた栽培家が育てたピノ・グリを使用した白ワイン

数多くの生産者に影響を与えてきた現代の日本ワインのキーパーソン、北海道「10R(とある)ワイナリー」のブルース・ガットラヴ氏と「ココ・ファーム・ワイナリー」とのコラボレーションによる「こことあるシリーズ」。日本の北海道余市の優れた栽培家が育てたピノ・グリから造られる辛口フルーティーな白ワインです。2014年に始まった銘柄で、6回目となる2019ヴィンテージは、力強く、果実の特徴が強調されるようなタイプ。

【ワイナリーのコメント】
2019年は、例年に比べて北海道にしてはとても暖かな年でした。春先から暖かく乾燥した気候が、開花中もずっと続き、そのおかげでとても良い状態の結実となりました。さらにその後も暖かな夏が長く続き、秋も穏やかで、乾燥した最高の年でした。こうして一年中ずっと、コンディションとしては理想に近い状態となりました。おかげで完熟したブドウが、かなりの量で収穫できました。

おすすめのペアリング

ミョウガとオクラのピクルス、ヒラメの昆布締め、里芋の煮ころがし、鮎の春巻き、とり貝の握り、マカロニグラタン、魚介のフリカッセ、ジビエのパテアンクルート、蟹クリームコロッケ、コンテチーズ、金柑のコンポート、レモンメレンゲパイ

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
白ワイン
産地
栃木県
ワイナリー
ココ・ファーム・ワイナリー
生産者
品種・ブレンド比率
ピノ・グリ100%
生産年度
2019年
タイプ
辛口
味わい
フルーティー
アルコール度数
13.5%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージとなります。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP