Fattoria AL FIORE

宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢:(株)Meglot

Fattoria AL FIORE(ファットリア アルフィオーレ/ふぁっとりあ あるふぃおーれ)は、2015年からワインをつくっている「農場=Fattoria」と代表の目黒浩敬(めぐろひろたか)氏が2002年仙台市内に開いたイタリアンレストラン「AL FIORE」から名付けられました。「一輪の花」を意味するAL FIOREという言葉にはもっと多くの人々の幸せへと広がるようにという願いが込められています。廃校になった小学校の体育館を改修して使用しているワイナリーは、多くの人の想いが詰まっています。

白ワイン

Fattoria AL FIORE

Genchi 2021

通常価格
¥4,070 (税込)
通常価格
販売価格
¥4,070 (税込)
単価
あたり 

冷やして飲めば、元気になれること間違いなし!ネオマスカットを主体にしたトロピカル全開な味わいが楽しめるネコシリーズの「Genchi(げんき)」

在庫状況

SOLD OUT SOLD OUT

大人気ネコシリーズの「Genchi(げんき)」!2021ヴィンテージは、ネオマスカットを主体に、セイベル9110、デラウェアをブレンドした白ワイン

Fattoria AL FIORE(ファットリア アルフィオーレ)で飼われているネコをモチーフにした人気のネコ(NECO)シリーズワイン。こちらは、ネオマスカットを主体に、セイベル9110、デラウェアをブレンドしたトロピカル全開な味わいが楽しめる、やや辛口の白ワイン「Genchi(げんき)」。冷やして飲めば、元気になれること間違いなし!

【醸造家・目黒浩敬(めぐろひろたか)氏のコメント】
2021ヴィンテージの NECOシリーズ「Genchi」は、例年通りのトロピカルフレーバー全開です。セパージュは、ネオマスカットだけ同じで、あとは全く違うブドウの組み合わせなのですが、やはりゲンキはゲンキでなくちゃ!!トロッコを使わないと、ブドウが運搬できないほどの急斜面で育てられる、南陽市の佐藤正雄さんのネオマスカットと、「はじめまして」の生産者・山形県上山市のワイン葡萄部会のお一人・秋葉陽輔さんのセイベルが主体です。秋葉さんは、はじめてのお付き合いなのにも関わらず、私たちが園地にお邪魔しても、快く除葉や摘果、収穫のタイミングまで、すべて任せていただきました。お陰様で、本来ならば、糖度16度くらいで収穫するべき、とても繊細なブドウにも関わらず、黄色くなるまで完全に熟したブドウを収穫できたことで、果実味全開のワインになりました。もちろん、次のヴィンテージも含めて、しっかり二人三脚で取り組んでいける、素晴らしいご縁をいただきました。来年は、さらに樹の負担が軽くなったので、より期待していただければと思います。テクニカルに触れずにごめんなさい(笑)
それよりも、人に焦点を当てたくなるワインです。

Label Design by ito design studio

▼「ネコシリーズ」はこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
白ワイン
産地
宮城県
ワイナリー
Fattoria AL FIORE
品種・ブレンド比率
ネオマスカット51% セイベル911045% デラウェア15%
生産年度
2021年
タイプ
やや辛口
味わい
フルーティー
アルコール度数
10%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP