2021年の山梨ヌーボー&新酒を堪能。日本最古のワイナリー『まるき葡萄酒』より到着!

今年の甲州とマスカット・ベーリーAの"山梨ヌーボー"など、まるき葡萄酒の2021年新酒が入荷。老舗『まるき葡萄酒』の技を味わうチャンス!

毎年11月3日は、「山梨ヌーボー」の日!

山梨県内でその年に収穫されたブドウ品種「甲州」または、「マスカット・ベーリーA」を使って醸造された新酒ワインのことを「山梨ヌーボー」と呼び、毎年11月3日が解禁日とされています。

山梨県甲州市勝沼町の老舗ワイナリー「まるき葡萄酒」では、山梨ヌーボーにあたる甲州とマスカット・ベーリーAの新酒に加え、ひと足早く9月に巨峰、8月にデラウェアの新酒をリリース!2021年を振り返りながら味わう、できたてフレッシュな新酒は格別です。

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

まるき葡萄酒
山梨県甲州市勝沼町下岩崎:まるき葡萄酒(株)

まるき葡萄酒(Maruki Winery/まるきぶどうしゅ/マルキブドウシュ)は、現存する日本最古のワイナリー。1950年代に、当時まだ一般的ではなかった甲州の長期熟成をスタート。甲府盆地にある扇状地の豊富な地下水脈に守られた地下貯蔵庫では、1959年ヴィンテージの甲州を筆頭に、約35,000本ものワインが一升瓶で静かに熟成されています。長期熟成向きではないと言われる甲州の長期熟成を成功させた先人の知恵と技術を受け継ぎ、現在でもまるき葡萄酒ならではの熟成を続けています。
誕生年のワインに出会えるかもしれない、日本ワインには珍しいワイナリー。日本食に合わせるワインとして、山梨を代表する品種、甲州とマスカット・ベーリーAを使った「毎日飲むためのデイリーワイン」「特別な日に飲むワイン」をラインアップしています。

▼「まるき葡萄酒のアイテムリスト」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2021.10.27

【冬の乾いたノドを潤す!日本のスパークリングワイン】 空気が乾燥しがちな冬シーズン。乾いた口・ノドに流し込む日本のスパークリングは最高!美味しくなった食材と泡を合わせて、季節をたっぷり楽しんでみては?

2021.9.29

【老舗ワイナリーと辿る、日本ワイン。もう一つのHISTORY】  歴史のあるワイナリーに想いを馳せて、今を味わう。130年以上の歴史を持つルミエールワイナリーに、老舗から見た日本ワインの動向を聞きました

2021.6.16

【日本固有種のスタンダード、甲州&マスカット・ベーリーA】 日本ワインを代表する、日本固有品種のブドウの代表格が甲州とマスカット・ベーリーA。ワイナリーの個性が際立つ、この定番品種を味わい尽くす

TOP