クラシックな品種で味わう、日本ワインの現在。

メルローやカベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランといったクラシックな品種が、日本ワインで魅せる新たな顔

日本ワインに見る、クラッシックな品種の魅力と底力

ワインの基本中の基本、クラシックな品種であるメルローやカベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン。これらの歴史と伝統のある銘柄のワインは、ヨーロッパの独壇場で、他の追随を許さないものだと思われてきました。しかし近年、日本で作られるこれらのブドウが、新しいかたちの日本ワインとなって結実。本場のブルゴーニュやボルドーに追いつこう、並ぼうとするのではなく、日本の産地ならではのテロワールを生かした、新しい方向の作品が生まれるようになってきたのです。クラシックな品種だからこそ、日本と海外のワインの違いを堪能できる…。ワインの通も初心者も、この日本ワインのムーブメントを実際に味わって、新時代の目撃者になってみては?

▼「品種リスト」はこちら

デイリー使いにもおすすめ、メルロー&カベルネ・ソーヴィニヨン

赤ワインのカテゴリーの中でも、とりわけ正統派と称されるメルローやカベルネ・ソーヴィニヨン。かつてはこれらの日本ワインは、ヨーロッパのワインと比べられることも多く、日本ワインは海外のものに負けている、という構図をいまだに信じている人は多いのです。しかしメルローもカベルネ・ソーヴィニヨンも、海外ものと戦う、競うというよりも、日本ワインならではの方向性を模索し、独自の成熟した味わいを醸し出すように進化。体にすっと入ってくるような、飲みやすくすっきりと味わえる名品がたくさん生まれています。牛頬肉の煮込みなど、肉料理とのマリアージュが定番ですが、特にタンニンが穏やかなエレガントなタイプは、カツオのタタキやアジの塩焼きといった赤身魚の料理にぴったりです。

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

日本ワインの、今の実力を測る。ピノ・ノワール

ピノ・ノワールといえば、ブルゴーニュでは最高級品種。栽培が難しいことでも知られ、あの"ロマネコンティ"のブドウ品種であることでも有名です。日本においても、丁寧な研究と栽培、歴史の積み重ねを経て、いくつもの名品が誕生しています。もし数年前に日本ワインでピノ・ノワールを味わったとしたら、ぜひ今一度試して見るべき。『wa-syu』では日本最高峰の赤・ロゼの銘柄をセレクトしており、その発展のプロセスを産地と共に楽しんでいくのもひとつの醍醐味! また、ほどよいタンニンの余韻を、日本ならではのマグロの握りや、肉じゃがなどの料理とペアリングするのも楽しみ方のひとつです。

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

白の定番だからこそ、シャルドネで日本を知る

歴史も古く、さまざまなテロワールにおいて独自の発展を遂げているシャルドネ。日本ワインの白の中では、日本固有種の"甲州"の影に隠れがちですが、全国のワイナリーでバリエーション豊かに栽培されている人気品種です。『wa-syu』でセレクトしているシャルドネは、北海道から中国地方まで、広い地域で栽培され、それぞれの個性を発揮しているのも大きな魅力。ついつい味わいを比べてみたくなる品種です。また、料理とのペアリングも万能なシャルドネ。特にホタテのバターソテーや牡蠣、お刺身やカルパッチョとのマリアージュはぜひ試してみてください。

SOLD OUT
日本ワイン_2018 高畠 シャルドネ樽醗酵 ナイトハーベスト_高畠ワイナリー_山形県産白ワイン_辛口_750ml

SOLD OUT
日本ワイン_2016 シャルドネ_ルサンクワイナリー_新潟県産白ワイン_やや辛口_750ml

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

春を呼ぶ味わい、ソーヴィニヨン・ブラン

さわやかなグリーン系の香りや、レモンやグレープフルーツのような柑橘を感じさせるソーヴィニヨン・ブラン。すっきりとした味わいは、春にぴったりの軽やかさです。日本のものは和食との相性もよく、天ぷらなどの和食にもぴったり。また、あっさりした魚介類、鶏肉などとの相性は抜群ですが、春はホワイトアスパラガスと合わせるなど、味覚でも季節を感じるマリアージュを堪能してみては?

SOLD OUT
日本ワイン_2018 高畠 シャルドネ樽醗酵 ナイトハーベスト_高畠ワイナリー_山形県産白ワイン_辛口_750ml

SOLD OUT
日本ワイン_2016 シャルドネ_ルサンクワイナリー_新潟県産白ワイン_やや辛口_750ml

SOLD OUT

RELATED ARTICLE

関連記事

TOP