品種で選ぶと、日本ワインはもっと楽しい!ブドウ品種別ガイド 

ブドウ品種で選べば、日本ワインがもっと楽しくなる。日本固有種から欧州系品種まで、品種ガイドと、ワインエキスパートおすすめの銘柄を紹介します。

- その味わいと魅力 -
品種リストで、欲しいモノが見つかる!

ブドウやリンゴなどの品種からアイテムを探すことができます。日本固有の「甲州」や「マスカット・ベーリーA」、「ブラック・クイーン」「ヤマブドウ」など、あなたのお気に入りの品種からお好みのアイテムを見つけてください。

赤の王道は日本でも大人気!カベルネ・ソーヴィニヨン

世界中で栽培され、愛されているカベルネ・ソーヴィニヨン。日本でも人気の欧州系赤ワイン用品種の代表格は、豊かな味わいを生み出す魅惑の品種です。

甘い香りの定番ブドウが多彩なワインに!キャンベル・アーリー

甘い香りが魅惑的なキャンベル・アーリー。日本では生食やジュースとして馴染みのある品種が、近年ワインとしても人気に!その魅力をあらためて味わって。

日本固有品種、甲州

日本ワインといえば"甲州"。国際的にも評価が高まっている、日本を代表するブドウ品種は、実は非常に多彩な味わいを生み出します。甲州の豊かなバリエーションとその奥深い魅力にフォーカス!

日本の風土にも溶け込んだ西洋品種、シャルドネ

幅広い対応力と、栽培のしやすさで、世界中で愛されている白ワイン用ブドウ・シャルドネ。日本ワインでも欠かせないこの重要品種にフォーカス。

N.Y.生まれ、津軽育ち。生食でもワインでも愛される、スチューベン 

糖度が高く香りもよいスチューベン。日本の環境にも馴染む美味しいブドウとして愛される存在に!ワイン用としても注目されている、おすすめの品種です。

白の世界的な人気品種。ソーヴィニヨン・ブラン 

古くからフランスをはじめ、世界中で愛されている高級白ブドウ品種の代表格、ソーヴィニヨン・ブラン。日本ワインでも栽培しているところが増えている、温故知新の品種です。

馴染み深い香りの生食・ワイン兼用品種、ナイアガラ 

生食でもワインになっても華やかな香りが生き生きと立ち上るナイアガラ種。白ワイン原料ブドウとしては国内生産量第2位を誇る人気品種にフォーカス!

ワイン好き垂涎、赤の最高峰。ピノ・ノワール 

その味わいの素晴らしさと栽培の難しさから、珍重されているピノ・ノワール。珠玉のワインを生み出す、至高の品種の栽培に、日本ワイン界がチャレンジ!

尽きせぬ魅力の日本固有品種、マスカット・ベーリーA 

日本ワインに欠かせない重要品種、マスカット・ベーリーA。赤やロゼ、スパークリングなど、幅広いタイプのワインになるポテンシャルの高さにも注目です。

世界に通用する品種として進化!メルロー 

赤ワイン原料の重要品種、メルロー。実は日本の土壌にも馴染み、広く栽培されている人気のブドウです。驚くほど進化した"日本のメルロー"に注目!

生産量はダントツNo.1!日本を代表するシードル原料、リンゴ品種「ふじ」 

日本人にとって最も馴染み深いリンゴ品種「ふじ」。そのまま食べても楽しめますが、シードルの原料としての魅力も、ぜひ味わってみてください。

日本ワインで、日本をもっと深く知る。
エリア別ワイナリーガイド

日本の感性と職人技を生かした名品が次々と誕生し、国内外の食通を惹きつけながら、進化し続ける日本ワイン。南北に長い日本列島の各地で栽培・収穫されたブドウのみを使用し、日本国内で製造された「日本ワイン」は、その地域の気候や品種によって性質もさまざまで、そのため多様性に富んだ味わいが特徴です。北は北海道、南は九州・沖縄まで。日本全国より、wa-syuが厳選した40以上のワイナリーをエリア別ガイドでご紹介します。

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.11.09

【生食用ブドウ品種の魅力と味わい 2022 Autumn & Winter】 デラウェアや巨峰などの"生食用"ブドウの栽培がさかんな日本。それを使ったワインは、ブドウそのものを口にしたような、新鮮な魅力に満ちています

2022.10.12

【ますます増えてる、楽しめる!アロマティック品種】   香り高いアロマティック品種のブドウを使った日本ワインは、ますます増えている注目ジャンル。日本らしい品種と欧州系品種、それぞれの魅力を堪能!

2022.08.31

【ニッポンの定番。甲州&マスカット・ベーリーA】   日本ワインの魅力を探求するなら味わい尽くしたい、スタンダードな品種の甲州とマスカット・ベーリーA。多彩な表情と奥深さには発見がいっぱい!

TOP