リンゴのお酒。春のJAPANシードル

全国各地の日本ワインのワイナリーが手がける、シードル。リンゴ品種で選んだり、造り手の個性で選んだり、楽しみが広がる低アルコールのお酒です。

SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT

- その魅力と味わい -
生産量はダントツNo.1!日本を代表するシードル原料、リンゴ品種「ふじ」

日本人にとって最も馴染み深いリンゴ品種「ふじ」。そのまま食べても楽しめますが、シードルの原料としての魅力も、ぜひ味わってみてください。

日本ワインの赤で楽しむ春霞。

春の夜をゆっくりと楽しむのにぴったりな、日本の赤ワイン。品種の個性を引き出した逸品は、造り手の腕の見せ所です。ワイナリーの自信作を堪能してみては?

春もすっきり、日本ワインの白。

すっきり爽やかな味わいが、春の季節にぴったりな白ワイン。日本固有品種の甲州をはじめ、注目の品種も登場。春の味覚と共に、味わってみてください。

泡で迎える、日本の春。スパークリングワイン

春の訪れを、心地よい泡でお祝い。さまざまな造りが楽しめるスパークリングワインは、ワイナリーの個性が際立つお酒。お気に入りの一本を探して!

春の食卓に映える!日本のロゼワイン

春のテーブルに美しく映える、日本のロゼ。白と赤の両方の良いところを兼ね備え、季節の食材も引き立たせてくれるので、使い勝手がよいのがうれしい!

ウィルトス・中尾有さんに訊いた!日本ワインのキーパーソンが語る、オレンジワインを飲む理由。

オレンジワインは一過性の"ブーム"なのか、ジャンルとして確立するのか?希代の飲み手で、日本ワインのキーパーソン、ウィルトス・代表の中尾有(なかおたもつ)さんに訊きました。。

品種や造り手の個性も味わえる人気のお酒。リンゴのシードル、洋梨のポワレ

日本ワインのワイナリーが手がけるシードルやポワレは、リンゴや洋梨のフレッシュでフルーティーな味わい。低アルコールの泡で春を呼ぶ爽やかさです。

日本ワインから産まれるとっておきの贅沢。日本ブランデー

原料全てが国産の蒸留酒。日本のブドウから造られる薫り高い日本ブランデーに、いま、注目が集まっています。入手困難な銘柄を味わってみるチャンス!

甘く香る、とっておき。デザートワイン&フルーツワイン

膨大な時間と手間がかかる希少なデザートワインや、果物から造られる珍しいフルーツワイン。各地のワイナリーが力を入れている、秘蔵の一本が続々入荷!

RELATED ARTICLE

関連記事

2023.04.12

【みんなが楽しく味わえる、低アルコールの日本ワイン!】 アルコール度数10%未満、低アルコールの日本ワインやシードルが大ブーム。お酒に強くない人でも飲みやすいから、一緒に楽しくリラックスタイム!

2022.10.12

【シリーズ・日本ワインが生まれるところ。Vol.8】   北海道『多田ワイナリー』にインタビュー!日本ワインは人とブドウのストーリーから生まれます。ますます日本ワインが好きになる、素敵なワイナリーを独自取材

2022.08.31

【シリーズ・日本ワインが生まれるところ。Vol.7】   岩手『THREE PEAKS』にインタビュー!日本ワインは人とブドウのストーリーから生まれます。ますます日本ワインが好きになる、素敵なワイナリーを独自取材

TOP