- その魅力と味わい -
N.Y.生まれ、津軽育ち。生食でもワインでも愛される、スチューベン 

糖度が高く香りもよいスチューベン。日本の環境にも馴染む美味しいブドウとして愛される存在に!ワイン用としても注目されている、おすすめの品種です。

寒冷地に定着してきたスチューベン。ブドウそのものの果実味がたっぷり味わえるのが魅力!糖度も高く、酸味のバランスもよいのが特長の、注目品種。

この数年、生食用としてスーパーなどで見かけることも増えてきた「スチューベン(Steuben)」。主に青森県で多く産出され、青森県での生産量は全国の8割を占めます。ニューヨークの農業試験場が1947年に交配・育成したのが始まりで、「ウェイン」種と「シュリダン」種の交配から誕生。ニューヨークとほぼ同じ緯度に位置し、寒冷な気候が似ている津軽地方に導入され、たくさん作られるようになりました。収穫時期が10月初旬から中旬と遅めなのも特長で、近年では「キャンベル・アーリー」や「ナイアガラ」に迫る勢いです。生食でも美味しい品種ですが、糖度がおよそ20度前後と甘みが強く、適度な酸味もバランス良く感じられることから、ワインに使われることも増えてきています。

▼「スチューベン品種のアイテムリスト」はこちら

イチゴやラズベリーに例えられる独特の香りと、キリッとした風味が食事にも合わせやすい。愛好者も増えつつある、スチューベン種のワイン。

糖度が高く香りもよい「スチューベン」は、ワイン用ブドウとしてのポテンシャルも高い品種。酸味のバランスもよいことから、日本ワインでは単一でもブレンドでも使用されてきており、ワイン通をも魅了する銘柄も増えています。収穫時期が遅めなので、他の品種の仕込み後に作り始めることも可能なこともあり、近年チャレンジするワイナリーも増加しつつあります。味わいは、イチゴやラズベリー、バラの花などに例えられる独特の香りとキリッとした風味が特長。スパークリングワイン、ロゼワインなどに仕上げられることも多く、料理に合わせやすくスッキリと味わえる銘柄が揃います。

写真左から:
Rosso 2020/2,970yen(税込)
Bianco 2020/4,840yen(税込)
Steuben 2020 スチューベン/2,420yen(税込)
2021 ファンピー ロゼ泡/3,300yen(税込)
Pump up ツンデレ 2020/3,190yen(税込)

品種リストで、欲しいモノが見つかる!

[品種から探す]
ブドウやリンゴなどの品種からアイテムを探すことができます。日本固有の「甲州」や「マスカット・ベーリーA」、「ブラック・クィーン」「ヤマブドウ」など、あなたのお気に入りの品種からお好みのアイテムを見つけてください。

▼「品種リスト」はこちら

品種で選ぶと、日本ワインはもっと楽しい!ブドウ品種別ガイド 

ブドウ品種で選べば、日本ワインがもっと楽しくなる。日本固有種から欧州系品種まで、品種ガイドと、ワインエキスパートおすすめの銘柄を紹介します。

▼「ブドウ品種別ガイド」はこちら

日本ワインで、日本をもっと深く知る。
エリア別ワイナリーガイド

日本の感性と職人技を生かした名品が次々と誕生し、国内外の食通を惹きつけながら、進化し続ける日本ワイン。南北に長い日本列島の各地で栽培・収穫されたブドウのみを使用し、日本国内で製造された「日本ワイン」は、その地域の気候や品種によって性質もさまざまで、そのため多様性に富んだ味わいが特徴です。北は北海道、南は九州・沖縄まで。日本全国より、wa-syuが厳選した40以上のワイナリーをエリア別ガイドでご紹介します。

▼「エリア別ワイナリーガイド」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.06.08

【生食用ブドウ品種の魅力と味わい】 デラウェアや巨峰などの"生食用"ブドウの栽培がさかんな日本。それを使ったワインは、ブドウそのものを口にしたような、新鮮な魅力に満ちています

2022.03.30

【魅惑のアロマティック品種】 リースリング、アルバリーニョからデラウェア、巨峰まで。香り高い、アロマティック品種のブドウを使った日本ワインをセレクト!それぞれの魅力を飲み比べるのも楽しみです

2022.03.16

【味わい広がるブレンドワイン、楽しみ深まる混醸ワイン】 日本ワインの新たな楽しみ。驚きのテイストを醸し出す、ブレンドワインと混醸ワインをセレクト。単一品種の美味しさとは違う、面白さと深みが魅力!

TOP