家庭でのワイン保管方法について

家庭でのワイン保管方法について

ワインは高い温度が苦手で、光、振動に大変脆く、品質の劣化や酸化を招いたり、液漏れが発生したりします。

お受け取りいただいたワインは、暑く日のあたる場所は避け涼しい冷暗所に保管をお願いします。冷蔵庫は振動もあり、ドアの開閉により庫内の温度が急激に変化するため、ワインにダメージを与えることがあります。また、庫内は大変乾燥しやすく、コルクが収縮し酸素が入り込みやすくなるため、 酸化の原因にもなりますので、十分取り扱いにご注意ください。

より良い状態でワインを楽しむためには、ワインセラー(10~18℃)に移し、保管をお勧めします。18℃を超える環境、特に低温から高温へ大幅に温度が変化した場合には、数分という短時間でもワインの品質に影響を及ぼす可能性がございますので、十分ご注意ください。
また、クール便でお届けした商品は特に外気との温度差で、ワインに影響を及ぼす場合がございます。この場合の返品・交換は致しかねますのでご注意ください。

熟成ワインは生き物です。 熟成が進むにつれ、色、香り、味わいが変化し、液面が低下する場合があります。澱が溜まっている場合は、澱を沈めるため、1週間程度立たせた状態で安置し、開栓してください。コルクに付着しているカビは、温度・湿度などの条件が整った環境で保管された証です。カビを拭き取り、コルクをゆっくりと抜いてお楽しみください。
発泡性ワインの開栓時は、瓶を安全な方向に向けて、コルクをゆっくりと抜いてください。ガス圧により、栓が飛び出す恐れがありますので、開栓時は十分ご注意ください。


TOP