wa-syu限定発売! シャトー勝沼『シグナチャー甲州 2019』ついに完成!

ここでしか手に入らないwa-syu限定ワインに、新銘柄が登場! 『シグナチャー甲州 2019』は、今回特別にボトリングされたプレミアムな逸品。

海外のワインに精通した人にこそ飲んで欲しい。このワインをきっかけに、日本ワインに目覚めるかも?

日本最高峰の銘醸地・山梨県勝沼にある老舗ワイナリー『シャトー勝沼』。『シグナチャー甲州 2019』は、シャトー勝沼が、wa-syuでのみ限定リリースする、幻の白ワインです。日本ワインの象徴であるブドウ品種・甲州ブドウの奥深さを、余すところなく表現したその豊かな味わいは、日本ワインに精通した人はもちろん、これから日本ワインの世界をのぞいてみたい人にもおすすめです。凝縮感のある果実味と、ほのかな樽香を感じる豊かな味わいは、甲州種と日本ワインの、高いポテンシャルを感じさせてくれます。

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

極上のブドウが育つ、日本最高峰のテロワール。鳥居平地区に自社農園を持つ『シャトー勝沼』が発信。

『シグナチャー甲州』の生みの親、醸造担当の常務取締役・今村恒朗(いまむらつねお)さんは、鳥居平という土地についてこう語ります。「"笹子おろし"の吹く鳥居平は、地形的にブドウ造りに最適な立地条件を備えています。そして、土壌のよさも突出しています。土壌は粘土質であり、山の礫(れき・石ころ)が混じっていて、水はけが非常にいいのです。礫は大変もろいのですが、鉄分をはじめ、ミネラル成分をたっぷりと含んでいます。礫が多く、水はけのよい土壌のため、自然に収量規制が働いて、ひと粒ひと粒の糖度が上がり、エキス分が濃縮された果汁が溜まるようになります。この果汁は、結果的にいいワインとなって生まれ変わるのです」。日本のグラン・クリュ地区とも呼ばれるスペシャルなエリアのブドウを使うことから、『シグナチャー甲州』の物語が始まります。

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

醸造担当の今村さんは、ラベルも自ら手描きでデザイン。想いを込めた『シグナチャー甲州 2019』と、ワイン造りについて聞きました。

『シャトー勝沼』の常務取締役であり、醸造を担当する今村恒朗さん。フランス・チーズ鑑評騎士団・オフィシェ、シャンパーニュ騎士団・シュヴァリエ、山梨大学「ワイン科学士」、ソムリエと、多くの肩書きを持ち、日本ワインの世界でも注目の存在です。今村さんは、実は元料理人。かつては大阪で、ワインを中心にした「ビストロ」(関西初の日本ワイン専門店)、「チーズショップ」(関西初の日本チーズ専門店)など多数のお店を経営していました。「料理人として活動しながらも、ワインを造りたいと念じていました。夢見ていたワイン造りが出来ることになり、全ての店を閉め、2013年に山梨県の、創業140年を超える老舗ワイナリー『シャトー勝沼』に来ました。ワインに使うブドウは、どこで穫れたか、どういう栽培方法か、この二点が決め手。いいワインを作るために、地元でとれる良質なブドウしか使いません」。特別なワインに、醸造責任者が署名を入れるシグナチャーワイン。その名を冠したワインに、今村さんの誇りと、味わいへの自信が垣間見えます。

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

樽はアメリカンオークをセレクト。ワイナリー地下の貯蔵庫で、ゆっくりと時を重ねて発酵を待って。

勝沼随一の銘醸地「鳥居平」の、完熟した甲州ブドウを100%使用した『シグナチャー甲州 2019』。極上の甲州ブドウをステンレスタンクにて、その後アメリカンオーク樽に移して発酵させることで、樽香を感じさせる逸品に仕上げます。「決して妥協せずに挑戦を重ね、じっくりと熟成させ、このワインが誕生しました」と今村さん。歴史を感じさせる地下貯蔵庫の暗室では、ワインが樽に詰められ、静かに発酵を続けます。

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

世界的にも珍しいワイン貯蔵庫「勝沼トンネルワインカーヴ」。ワインに最適な環境で、じっくりと、12ヶ月の瓶内熟成。

ワイナリー内のアメリカンオーク樽で発酵させたのち、瓶詰めされたワインは、世界的にも珍しいワイン貯蔵庫「勝沼トンネルワインカーヴ」へ。このトンネルワインカーヴは、明治36年に鉄道用に建造され、そのままの姿をとどめているJR旧深沢トンネルを利用したワイン貯蔵庫です。鉄道遺構としても価値の高いレンガ造りの美しいトンネルの中は、年間を通じて温度14℃、湿度70%に保たれており、ワインにとっては理想的な環境。『シグナチャー甲州』は、ここで12ヶ月の瓶内熟成を経て出荷されているのです。

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

こうして完成した『シグナチャー甲州』。その味わいとペアリングは? 和食にも合う?

手間を惜しまず、ゆっくり熟成されて完成した秘蔵の白ワイン、『シグナチャー甲州 2019』。凝縮感のある果実味と、ほのかに甘い樽香を感じられる、豊かな味わいを、もと料理人でもある今村さんはこう語ります。「伝統を守りつつ、常にどんなお料理に合わせて頂いてもいいワインを、と思いながら作っています。特に、日本ワインならではの魅力として、2013年にユネスコ無形文化遺産にも登録された日本料理との相性の良さがあると思うので、それを深く追及しています。お客様が幸せになるワイン造りを、これから10年、20年と続けていきたい。この思いは変わりません」。
ペアリングとしては、マグロのづけ、馬刺にも合うのは、海外のワインにはなかなかない魅力。また、信玄どりの照り焼きや唐揚げ、天ざる蕎麦、練り物(ゴボ天、枝豆の天ぷら、さつま揚げなど)にもおすすめです。
洋の料理としては、野菜のマリネ、シーフードパスタ、クリーム系のパスタ料理、甲斐サーモンのスモーク、ローストチキン、ローストポーク、チーズ(カマンベール、シャウルス、ラングル、コンテ、パルミジャーノなど)とのペアリングもぜひ試してみたいものです。

[味わい]やや辛口
[タイプ]コクあり
[飲み頃温度]6~10度

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

wa-syu限定、シャトー勝沼のプレミアムなスパークリングワインと白ワイン。ギフトにも最適!

140年以上の歴史を持つ『シャトー勝沼』の限定ワインは、他では手に入らないもの。なかなか見ることのできないレアな銘柄なので、日本ワインをよく知る人への、通好みの贈り物にもぴったりです。味わい深いラベルとともに、豊かな時間を味わえます。『シュール・リー 甲州 スパークリング 2018』は、シャトー勝沼が「鳥居平」そして隣接する銘醸地「菱山」を中心に所有している広大な自社畑の中で、特に優れた複数の畑の甲州ブドウをセレクト。糖度が上がるまで収穫を待ち、最後に残したものを収穫した、特別なブドウだけをアッサンブラージュした、秘蔵のスパークリングワインです。
※現在、wa-syu OFFICIAL ONLINE SHOPでは、ギフトラッピングサービスのご対応は承っておりません。あらかじめご了承ください。

【wa-syu限定】シグナチャー甲州 2019/5,500yen(税込)
【wa-syu限定】シュール・リー 甲州 スパークリング 2018/5,500yen(税込)

▼「シャトー勝沼のアイテム」はこちら
▼「甲州品種のワイン」はこちら

SOLD OUT

SOLD OUT

老舗『シャトー勝沼』発。『wa-syu』のみで手に入る、秘蔵の限定スパークリングワイン

味わい深いラベルデザインの『シュール・リー 甲州 スパークリング 2018』は、『wa-syu』限定で発売。創業140年を誇る『シャトー勝沼』の希少なスパークリングワイン。

▼【wa-syu限定】スパークリングワインはこちら

シャトー勝沼
山梨県甲州市勝沼町:(株)シャトー勝沼

シャトー勝沼(CHATEAU KATSUNUMA/しゃとーかつぬま/シャトーカツヌマ)は、"日本のモンラッシェ"と言われる「鳥居平(トリイヴィラ/とりいびら)」、そして隣接する銘醸地「菱山(ひしやま)」を中心に山梨県・勝沼で広大な自社畑を所有する、老舗シャトー(ブドウ畑を所有するワイン醸造所)です。明治初頭、勝沼町で葡萄の栽培を手がけていた初代が、「今村葡萄酒醸造場」として設立。勝沼産の良質なブドウを使用した少量生産のこだわりのワインからデイリーで楽しめるお手頃価格のワインまで多彩なワインを醸造しています。

▼「シャトー勝沼のアイテムリスト」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2021.7.21

【シャトー勝沼・今村恒朗さんがセレクトする4本。】 wa-syuとの限定醸造も手がける、日本有数のワイナリー『シャトー勝沼』。あえて自社以外の銘柄で、おすすめの日本ワインを4本選んでもらいました

2021.7.7

【ここでしか手に入らない、限定・コラボの日本ワイン】 wa-syuだけで味わえる、特別な日本ワイン!人気ワイナリーとの別注コラボや限定、オリジナルラベルなど、ここでしか手に入らない希少な銘柄!

2021.6.16

【日本固有種のスタンダード、甲州&マスカット・ベーリーA】 日本ワインを代表する、日本固有品種のブドウの代表格が甲州とマスカット・ベーリーA。ワイナリーの個性が際立つ、この定番品種を味わい尽くす

TOP