ー その魅力と味わい ー
世界に通用する品種として進化!メルロー

赤ワイン原料の重要品種、メルロー。実は日本の土壌にも馴染み、広く栽培されている人気のブドウです。驚くほど進化した"日本のメルロー"に注目!

「メルロー」の奥深い香りと味わいの魅力は、世界中で愛される王者の風格。日本での栽培はますます盛んに!

フランスのボルドーでは、カベルネ・ソーヴィニヨンとならぶ代表的な品種である"メルロー(メルロ)"。ワイン好きならずとも、名前を聞いたことがある…という人も多いことでしょう。タンニンが柔らかで早く熟成し、比較的早く飲み頃になることや、さまざまな気候に適応することから、南北アメリカ、オーストラリアでも広く栽培されるようになっています。やや水分の多い土壌でも完熟しやすいということもあり、日本でも、欧州系品種の中では早く導入され始めた品種です。日本ワインの赤ワイン用ブドウ品種の中では、生産量はマスカット・ベーリーA、コンコードに次ぐ第3位を占めています。長野県では栽培の歴史も長く、生産量は日本で第一位。そのほか、山梨県や山形県など、各地でも栽培されるようになり、産地や産出量は増え続けています。特に、上質のメルローの栽培に取り組んでいるところでは、フランスの赤にひけをとらない、と評されるような名品も登場。いま、まさに注目しておきたい銘柄です。

▼「メルロー品種のアイテムリスト」はこちら

酸味やタンニンは柔らかく、芳醇でまろやか。正統派のエレガントな樽香のものからロゼまで、日本ワインの底力を味わってみて。

美しく深く濃い色と、プラムやプルーン、カシスを思わせる、熟した黒い果物の香りが特長のメルロー。カベルネ・ソーヴィニヨンと比べても酸味やタンニンは柔らかいものが多く、芳醇でまろやかな味わいは、食事と合わせやすいことでも定評があります。『ドメーヌ・コーセイ(長野県)』のように、メルローだけに特化してワインを造るというワイナリーもあるほど、その奥深さは人々を魅了しています。丁寧に栽培された果実を、樽で熟成させてさらに円熟味を持たせたものなどは、海外のワイン通もうなるクオリティ。wa-syuでは、日本ワインの実力を実感できる名品をセレクト。大きめのグラスで、じっくりと味わうのもおすすめです。

写真左から:
合名山 メルロ/3,960yen(税込)
MERLOT ROSE 2020 無濾過 極辛口/3,190yen(税込)
ヴィニュロンズリザーブ メルロー 2018/6,710yen(税込)
Yメルロ 2019/4,180yen(税込)
メルロ 503 塩尻 2020/3,850yen(税込)

品種リストで、欲しいモノが見つかる!

[品種から探す]
ブドウやリンゴなどの品種からアイテムを探すことができます。日本固有の「甲州」や「マスカット・ベーリーA」、「ブラック・クィーン」「ヤマブドウ」など、あなたのお気に入りの品種からお好みのアイテムを見つけてください。

▼「品種リスト」はこちら

日本ワインで、日本をもっと深く知る。
エリア別ワイナリーガイド

日本の感性と職人技を生かした名品が次々と誕生し、国内外の食通を惹きつけながら、進化し続ける日本ワイン。南北に長い日本列島の各地で栽培・収穫されたブドウのみを使用し、日本国内で製造された「日本ワイン」は、その地域の気候や品種によって性質もさまざまで、そのため多様性に富んだ味わいが特徴です。北は北海道、南は九州・沖縄まで。日本全国より、wa-syuが厳選した40以上のワイナリーをエリア別ガイドでご紹介します。

▼「エリア別ワイナリーガイド」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.4.20

【domaine tetta・高橋竜太さんがセレクトする4本。】 岡山・哲多町の土壌が持つ高いポテンシャルを表現する『domaine tetta』。あえて自社以外の銘柄で、おすすめの日本ワインを4本選んでもらいました

2022.3.23

【出会いは、ラベルリストから。日本ワインの新しい選び方。】 音楽のジャケ買いのように、ワインもラベルで選ぶ、新しいスタイル。造り手の思いが込められた、ラベルとの運命的な出会いを、wa-syuで探して!

2022.3.2

【進化を続ける銘醸地、長野県のワイナリー】 山梨県に続く、日本第2位のワイン王国・長野県。早くから"信州ワインバレー構想"を打ち立て、世界からも認められる銘醸地へと躍進を続ける、注目のエリアです

TOP