話題のワイナリー、BookRoad 〜葡蔵人〜の須合美智子さんが自社以外でセレクト。いま日本ワインで選ぶなら、この4本

都市型ワイナリーとして注目を集めている『BookRoad 〜葡蔵人〜』。あえて自社以外の銘柄で、おすすめの日本ワインを4本選んでもらいました。

東京・下町で愛されている、ちいさな都市型ワイナリー。人や情報が常に集まる拠点としても注目の存在。

N.Y.やロンドンなど、世界の大都市でも話題となっている都市型のワイナリー。日本でも東京23区内や大阪市内など、利便性の高い場所でワインづくりを始めるワイナリーが登場してきています。今回お話を伺った『BookRoad(ブックロード) 〜葡蔵人〜』は、東京都台東区・上野御徒町にほど近い、下町情緒あふれるエリアに位置しており、オープンを待ってワインを買いに並ぶ人や、試飲に訪れる人などで賑わっています。山梨県などの契約農家から収穫したてのブドウを運び、すぐに醸造に入るなどで工夫を重ね、10坪ほどのビルを利用したワイナリーからヒット作を次々にリリース。消費者や飲食店などからは、直接ワイナリーや醸造担当者・須合美智子(すごうみちこ)さんとのコミュニケーションが可能だということもあり、その味わいと共に高い信頼を得ています。

▼「BookRoad 〜葡蔵人〜 のアイテムリスト」はこちら

日本ワインを愛する醸造担当・須合さんが、自社以外で選んだのはこの4本。

『BookRoad 〜葡蔵人〜』で、ワインと料理を楽しめる予約制のレストランも担当している、醸造担当の須合さんは、日本ワイン界に新風を吹き込む存在としても注目を集めています。「私自身、醸造家というにはまだまだで、どちらかというと"醸造担当"という感じ。いろいろな日本ワインの醸造家の方や生産者の方とお会いして、教えていただいたり、勉強させていただいているばかりなんです(須合さん)」と語りますが、会社がもともと飲食店を経営している背景もあって、食とのペアリング、飲み方などにもこだわりが感じられます。そんな須合さんが、自社以外のワインで、シーンや味わいをイメージして選んでくれたのがこの4本です。「"どこで飲みたいか"、"誰と飲みたいか"、"何と飲みたいか"をテーマに考えてみました(須合さん)」という独自の視点やペアリングの考え方も、ワインを選ぶときの参考になります。

写真左から:
カーブドッチ・ワイナリー/ペティアン キャンベル
奥出雲葡萄園/ソーヴィニヨンブラン
奥野田葡萄酒醸造/2019 ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン Cuvee KOGANEIRO
ヴィラデストワイナリー/ヴィニュロンズリザーブ メルロー 2018

▼「須合美智子さんセレクトワイン」はこちら

須合さんおすすめ① ランチと一緒にバスケットに入れて持って行きたい。『ペティアン キャンベル』でピクニックに!

『カーブドッチ』の『ペティアン キャンベル』は、「コロッケ」や「唐揚げ」と「キャロットラペ」も一緒にバスケットに入れて、ピクニックに行きたいなと思いながら飲むフレンドリーな印象のワインです。初めて会った人とも仲良くなるきっかけをもらえそうな、かわいらしい香り。軽やかな泡感は飲み進めていくと更に飲みたくなり、ちょっと話したら話が盛り上がっちゃって、また飲もうねと約束しちゃうような楽しいワイン。乾杯の1杯におすすめです(須合さん)」。

カーブドッチ・ワイナリー[新潟]
ペティアン キャンベル/3,080yen(税込)

須合さんおすすめ② 『奥出雲葡萄園』の自社畑で、畝数4列だけ栽培している希少なブドウを使用。少量生産のソーヴィニヨン・ブラン

「何より大好きな品種ゆえ、何と食べたいとか考えず、ワインだけ飲みたいと感じるワインですが、「みそディップ」を用意して、茹でた旬の野菜を用意して。そのまま食べるも、もちろんディップをつけて食べるも良く…。さらに「チヂミ」などニラやキムチの香りの強いものにも負けない、さわやかな香りが特徴です。親戚のみんなで集まるときには持参したいと思うワインです(須合さん)」。

奥出雲葡萄園[島根]
ソーヴィニヨンブラン/3,300 yen(税込)

須合さんおすすめ③ 花の良い香りを思い浮かべながら。『奥野田葡萄酒醸造』で一番人気の、ラベルデザインも美しいワイン

思い浮かべては一口、またひとくち。マセラシオンによりグレープフルーツの皮のほろ苦さが感じられ「いぶりがっことチーズの和え物」「茶碗蒸し」とゆっくり飲んでから、次に「てんぷら」と合わせて飲みたいワインです(須合さん)」。

奥野田葡萄酒醸造[山梨]
2019 ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン Cuvee KOGANEIRO/2,970 yen(税込)

須合さんおすすめ④ 『ヴィラデストワイナリー』を代表するワイン。自社畑産メルローの中でも、選りすぐりのブドウを100%使用

『ヴィニュロンズリザーブ メルロー 2018』は、赤ワインってこういうワイン、と納得の香りと味わい。肉厚のステーキも良さそうだけど、飛騨牛のもも肉のローストビーフと合わせてみたら、メルローの果実味が肉の甘味を引き出しどちらも進みます。大きなグラスで飲むとよりオークの香りが豊かに感じられます。カシューナッツやクルミなどのオイリーな木の実をおつまみにすると1日の終わりをゆっくり過ごせそうなワインです(須合さん)」。

ヴィラデストワイナリー[長野]
ヴィニュロンズリザーブ メルロー 2018/6,710 yen(税込)

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

BookRoad ~葡蔵人~
東京都台東区台東:(株)K' project

BookRoad ~葡蔵人~(ブックロード/ぶっくろーど)は、2017年、東京台東区で設立されたワイナリー。"葡萄と蔵と人が目に見えない道で繋がり、共に繁栄するという願いを込めて。ワインをより身近に感じ、ワインが繋ぐ縁を大切にしたい。"その想いから、ワイン造りをスタートしました。ブックロードのワインは山梨県・長野県の契約農家さんと茨城県にある自社農園で育った国産葡萄100%の日本ワインです。食材やイメージなど、そのワインのペアリングをデザインに落とし込んだラベルが特徴。

▼「BookRoad ~葡蔵人~のアイテムリスト」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2021.8.25

【野生酵母が静かなブーム。ワイナリーに聞いた、その魅力とは?】 野生酵母を使った日本ワインに、いま注目が集まっています。見えないけれど奥深い酵母の世界を知れば、もっとワインを美味しく楽しめるはず!

2021.7.14

【世界的なブームにもなりつつある、都市型ワイナリー。】 なぜこんな街中にワイナリー? 東京や大阪などの大都市で、日本ワインを醸造するワイナリーが増えています。そんな都市型ワイナリーの魅力とは?

2021.3.3

【クラシックな品種で味わう、日本ワインの現在。】 メルローやカベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランといったクラシックな品種が、日本ワインで魅せる新たな顔

TOP