Japan Brandy
人気急上昇中!発見・日本ブランデー

日本ウイスキー、日本ジンに続く注目ジャンルとして、日本のブドウから造られる日本ブランデーに注目が集まり始めています。手に入れるなら今!

原料も醸造も蒸留もすべて日本で。美味しい日本ワインから手間ひまかけて造られる日本ブランデーは、その希少価値からブームの兆しが。

日本ウイスキーや日本のクラフトジンがブームになり、希少価値が高まっている昨今。全て日本国内の材料から、丁寧に手間ひまをかけて造られている日本ブランデーにも注目が集まりつつあります。まだまだ日本ワインのワイナリーで、日本ブランデーまで手がけているところは少ない現状ですが、それぞれに工夫をこらした名品もリリースされています。ブドウから造った日本ワインを蒸留して造るものが基本ですが、ワインを造るときに出るブドウの絞りかすを使って造るタイプの蒸留酒(イタリアではグラッパ、フランスではマールと呼ばれるものもあり)や、樽で熟成を重ねたものなど、個性的な銘柄も登場。今手に入れて、じっくりと手元で熟成させてから楽しむというファンも存在し、希少性は高まりつつあります。また美しいボトルでインテリアとしても楽しめるため、ギフトとしても喜ばれています。今ならまだ、日本中の主要なワイナリーのブランデーを手に入れる…というのも夢ではありません。そのままストレートでゆっくりと楽しむのはもちろんのこと、ロックやソーダで割る飲み方もおすすめ。さらに贅沢に、お菓子やアイスクリームに数滴垂らすなどの楽しみ方も。秋の夜長は、日本ブランデーと共にのんびり過ごしてみては?

写真左から:
オー・ド・ヴィ バレル/4,950yen(税込)
ジャパニーズブランデー 葡萄華 35度 デラウェア 樽熟/3,740yen(税込)
オー・ド・ヴィ ホワイト/3,630yen(税込)
ヴィナッチャ メルロー/10,890 yen(税込)
ホワイトブランデー Bojo/1,870en(税込)
ウーバ ナイアガラ/8,140yen(税込)
ロリアン 内田葡萄焼酒 樽熟成 樽甲州[200ml](箱入り)/3,190yen(税込)
ロリアン 内田葡萄焼酒 甲州[200ml](箱入り)/2,530yen(税込)

▼「ブランデーのアイテムリスト」はこちら

もともとのブドウ品種や、ブランデー本来の味・香りがストレートに楽しめる。ホワイトタイプは、まさに"命の水"!

澄み切った美しいクリアタイプのブランデーは、フランス語でブランデーを指す言葉「オー・ド・ヴィー(命の水)」という表現がぴったりです。ブドウ品種の違いを楽しんだり、ワイナリーごとの個性を楽しむなど、味わい方はさまざまです。

左から:
①海と砂に囲まれた「新潟ワインコースト」の代表格『カーブドッチ』のワインが極上のブランデーになった「オー・ド・ヴィ ホワイト」。ドイツ製の蒸留釜を使用、樽熟成はおこなわず、樹脂製容器で熟成させています。割り水には新潟の名水「弘法清水(こうほうしみず)」を使用。
②、③長野県東御市の『ヴィラデストワイナリー』が手がけるブランデー「ヴィナッチャ メルロー」と「ウーバ ナイアガラ」。本場イタリアの製法に学んで、こだわって造られたものです。まだまだブランデーをブドウの種類で選ぶことが一般的ではない中で、メルロー種とナイアガラ種を飲み比べできるのも貴重です。
④宮崎発『都農ワイン』の「ホワイトブランデー Bojo」。丁寧に栽培された地元産のキャンベル・アーリーが優しく香り、チェリーやハーブ、紅茶のようなアロマも楽しめるホワイトタイプです。口に含むと徐々にブドウの風味が優しく香り、焼き栗のような甘い香りも出てきます。ストレートはもちろん、水割りやオンザロックでも美味しく味わえます。
⑤山梨県・勝沼の老舗『白百合醸造』の「ロリアン 内田葡萄焼酒 甲州」。丁寧に栽培されたブドウを無駄なく使うために、ワインを造るときに出る絞りかすを再利用。しかも、絞りかすに甲州ブドウを加えてわざわざ一度オレンジワインを造り、そのワインを蒸留するという凝った造りです。ブドウの味わいがストレートに楽しめるホワイトは、冷凍庫でビンのまま凍らせて、トロリとしたところを味わうのもおすすめ。

写真左から:
オー・ド・ヴィ ホワイト/3,630yen(税込)
ヴィナッチャ メルロー/10,890 yen(税込)
ウーバ ナイアガラ/8,140yen(税込)
ホワイトブランデー Bojo/1,870en(税込)
ロリアン 内田葡萄焼酒 甲州[200ml](箱入り)/2,530yen(税込)

▼「ブランデーのアイテムリスト」はこちら

美しい琥珀色やさらなる熟成も楽しみたい、樽熟成タイプ。マイルドな熟成感と香ばしい樽香で極上の味わいになった、ハイレベルな日本ブランデー。

手間ひまかけて造り上げたブランデーを、さらに数年間かけて樽熟成させたアンバータイプ。香ばしい樽香に加え、熟成によって味わいもマイルドに。さらなる奥深さに出会えます。

左から:
①山梨県・勝沼の『白百合醸造』の、ブドウの絞りかすを活用したグラッパタイプ、「ロリアン 内田葡萄焼酒 樽熟成 樽甲州」。本場イタリアの減圧蒸留器を使用し、樽職人の技を生かして熟成させた贅沢な逸品です。まろやかな樽タイプは、ゆっくり飲みたい時におすすめ。
②『カーブドッチ・ワイナリー』の「オー・ド・ヴィ バレル」は木樽がしっかりときいた、スモーキーな味わい。樽熟成期間は5年間で、熟成当初の荒さがなくなり、柔らかな味わいになっています。
③大阪の『カタシモワイナリー』発、「ジャパニーズブランデー 葡萄華 35度 デラウェア 樽熟」は「サンフランシスコ ワールド スピリッツ コンペティション2021」にて金賞受賞!G20大阪サミット2019の首脳夕食会・カクテルにも採用されています。デラウェアの蜂蜜のような香りとオーク木樽の力強い香りがブレンドされ、上品な香りと柔らかな味わいに。

写真左から:
ロリアン 内田葡萄焼酒 樽熟成 樽甲州[200ml](箱入り)/3,190yen(税込)
オー・ド・ヴィ バレル/4,950yen(税込)
ジャパニーズブランデー 葡萄華 35度 デラウェア 樽熟/3,740yen(税込)

▼「ブランデーのアイテムリスト」はこちら

ストレートでも、ロックでも、水割りでも、ハイボールでも。いろいろ楽しめるのも、日本ブランデーならでは。

ストレートでゆっくりと香りを楽しむのもいいし、炭酸で割ってグビグビと飲むのもいい。季節や食事、気分に合わせて、気負わず楽しめるのも日本ブランデーの素敵なところ。シーンに合わせて工夫して、自分なりの楽しみ方を見つけてみては?

写真左から:
ジャパニーズブランデー 葡萄華 35度 デラウェア 樽熟/3,740yen(税込)
ホワイトブランデー Bojo/1,870en(税込)

SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT
SOLD OUT

Brandy & Dessert Wine
日本のワイナリーが発信。秋の味覚や甘みと楽しむ、ブランデー&デザートワイン

What is Brandy?
知れば知るほど美味くなる!日本のブランデー

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.09.27

【勝沼の老舗が発信。西洋に負けない美味しさを追究!白百合醸造】 初入荷!西洋に負けない、日本ならでは・勝沼ならではの美味しさを追求した『L'ORIENT(ロリアン)』。老舗ワイナリーが発信する、伝統に裏打ちされた革新とは?

2022.09.27

【日本ワインで、日本をもっと深く知る。エリア別ワイナリーガイド】 北は北海道、南は九州・沖縄まで。日本全国より、wa-syuが厳選した40以上のワイナリーをエリア別ガイドでご紹介!

2022.09.21

【品種で選ぶと、日本ワインはもっと楽しい!ブドウ品種別ガイド】 ブドウ品種で選べば、日本ワインがもっと楽しくなる。日本固有種から欧州系品種まで、品種ガイドと、ワインエキスパートおすすめの銘柄を紹介します

TOP