日本の風土にも溶け込んだ西洋品種「シャルドネ」。その魅力と味わい。

幅広い対応力と、栽培のしやすさで、世界中で愛されている白ワイン用ブドウ・シャルドネ。日本ワインでも欠かせないこの重要品種にフォーカス。

日本でもお馴染み! 西洋系ワイン品種でもっとも広く栽培されている、定番品種「シャルドネ」の魅力。

世界で最も有名なブドウ品種のひとつ、シャルドネ。フランス・ブルゴーニュの白ワイン品種として知られているのはもちろん、その適応性の高さから、世界各地のさまざまなワイン産地で栽培されています。日本の風土にも馴染みやすく、ヴィニフェラ品種(ヨーロッパ系)の中では比較的栽培しやすいので、北は北海道から南は九州まで各地で畑が見られます。国内で作られている西洋系ワイン品種のブドウのなかではNo.1の栽培面積を誇っており、各ワイナリーがそれぞれのスタイルで、個性あふれる銘柄を造っています。

▼「シャルドネ品種のアイテムリスト」はこちら

洋梨や柑橘系のフルーツが穏やかに香る品種。でもその魅力の神髄は、さまざまに変化する対応力?

広く栽培されている適応力の高い「シャルドネ」。土壌や環境、醸造方法によって味わいも変わる、幅広い対応力をもったブドウでもあります。テロワールを反映しやすいとも言われており、日本各地でさまざまな美味しさが味わえます。基本的には洋梨や柑橘系のフルーツやナッツのニュアンスを持ち、醸造方法や熟成方法によってその味わいも変化。個性が強すぎない分、造り手の意思を反映した味わいも生まれやすく、酸が効いたものや樽で熟成させたリッチなもの、シャンパーニュを思わせるスパークリングタイプなどが楽しめます。wa-syuでは品種別での銘柄検索も可能。「シャルドネ」縛りで、いろいろと飲み比べてみるのもおすすめです。

写真左から:
CHARDONNAY cuvee Ohura 2017/3,630yen(税込)
Private Reserve シャルドネ 2017/6,490yen(税込)
シャルドネノンバリック/3,080yen(税込)
尾ノ下エステート シャルドネ #5 2020/SOLD OUT

品種リストで、欲しいモノが見つかる!

[品種から探す]
ブドウやリンゴなどの品種からアイテムを探すことができます。日本固有の「甲州」や「マスカット・ベーリーA」、「ブラック・クィーン」「ヤマブドウ」など、あなたのお気に入りの品種からお好みのアイテムを見つけてください。

▼「品種リスト」はこちら

日本ワインで、日本をもっと深く知る。
エリア別ワイナリーガイド

日本の感性と職人技を生かした名品が次々と誕生し、国内外の食通を惹きつけながら、進化し続ける日本ワイン。南北に長い日本列島の各地で栽培・収穫されたブドウのみを使用し、日本国内で製造された「日本ワイン」は、その地域の気候や品種によって性質もさまざまで、そのため多様性に富んだ味わいが特徴です。北は北海道、南は九州・沖縄まで。日本全国より、wa-syuが厳選した40以上のワイナリーをエリア別ガイドでご紹介します。

▼「エリア別ワイナリーガイド」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.4.5

【特別対談!ドメーヌヒデ×wa-syu コラボレーションワインができるまで。】 茶道にも通ずる、道具としての美学。世界でも類を見ない「呼吸する陶器の壺」が生まれるまで。そのバックストーリーを独占取材!

2022.3.23

【出会いは、ラベルリストから。日本ワインの新しい選び方。】 音楽のジャケ買いのように、ワインもラベルで選ぶ、新しいスタイル。造り手の思いが込められた、ラベルとの運命的な出会いを、wa-syuで探して!

2022.3.16

【シリーズ・日本ワインが生まれるところ。】 日本ワインは人とブドウのストーリーから生まれます。ますます日本ワインが好きになる、そんな素敵なワイナリーを、wa-syuが独自取材でご紹介!

TOP