清澄白河フジマル醸造所

東京都江東区三好:(株)パピーユ

清澄白河フジマル醸造所(Kiyosumi Shirakawa Fujimaru Winery/きよすみしらかわふじまるじょうぞうしょ/キヨスミシラカワフジマルジョウゾウショ)は、大阪を拠点とするフジマル醸造所が創る2件目の都市型ワイナリー。増え続ける耕作放棄地や農家さんからのブドウ買取依頼により、自社のキャパシティを超えてしまうことを懸念し、東日本のブドウを受け入れるネゴシアン型ワイナリーをオープンさせました。

赤ワイン

清澄白河フジマル醸造所

Farmer’s Cabernet Sauvignon City Farm 2019

通常価格
¥4,620 (税込)
通常価格
販売価格
¥4,620 (税込)
単価
あたり 

20年以上、質の高い醸造用ぶどうを造り続けてきたプロフェッショナル集団、City Farmの完熟カベルネ・ソーヴィニョン

在庫状況

在庫あり

森の果実味と樽由来のほのかなカラメルのニュアンスが調和

【ワイナリーのコメント】
ワインの品質を決めるのはブドウそのもの。20年以上、質の高い醸造用ブドウを造り続けてきたプロフェッショナル集団のCity Farm(シティファーム)さんから、完熟のカベルネ・ソーヴィニョンを分けていただくことができました。八ヶ岳の裾野、白州の畑。一番収穫の遅いこの品種は、美味しくなるころにハチやアリが食べに来てしまうことで悩まされていました。そこで、2019年はひと房ひと房袋かけを実施。手間を惜しまずに取り組んだことで、10月の連続台風も乗り切り、11月にしっかりと熟したブドウを収穫してくれたのでした。醸造はシンプルに。100%除梗ののち、自然に発酵が始まるのを待って、毎日やさしいピジャージュ(櫂入れ)を施しました。プレス後はフレンチオークで10か月熟成。丁寧に樽から引き出したのちに瓶詰めしました。

カシスやドライプルーンの甘い香り、たっぷりとしたタンニンに、冷涼な畑ならではのきれいな酸。森の果実味と樽由来の仄かなカラメルのニュアンスが調和したワインに仕上がりました。質の高いブドウだからこそ、余計な手を加えずに、でも慎重に。可能な限り農家さんの、ブドウの素晴らしい個性を活かすよう心掛けました。グラスの向こう側に、美しいブドウ畑と、真剣に向き合う農家さんの姿を感じていただけたら幸いです。

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
東京都
ワイナリー
清澄白河フジマル醸造所
生産者
品種・ブレンド比率
カベルネ・ソーヴィニョン100%
生産年度
2019年
タイプ
ミディアムボディ
味わい
エレガント
アルコール度数
12%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージとなります。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP