ドメーヌ・コーセイ

長野県塩尻市片丘:(株)Domaine KOSEI

ドメーヌ・コーセイ(Domaine KOSEI/どめーぬ・こーせい)は、日本を代表する醸造家・味村興成(あじむらこうせい)氏が、「塩尻の地で、メルローのみでワインを造る」という先人の想いを引き継ぎ、自身の名を冠して設立したワイナリー。味村興成氏は、1980年代より本場・フランスでワインを学び、「シャトー・メルシャン」で醸造責任者を務め、日本ワインを世界レベルに押し上げることに貢献した醸造家の一人。現代日本ワインの父と呼ばれる、故・麻井宇介(あさいうすけ)氏の愛弟子としてその思想を受け継ぎ、甲州ブドウの栽培・醸造方法をあらゆる角度から検証。日本ワイン史に残る名作ワイン「甲州きいろ香」を誕生させ、甲州ブドウの魅力を世界に知らしめるきっかけを作りました。日本ワインの黎明期からの活躍に加え、ボルドー大学留学時代の経験から醸成された美学を凝縮した自身のワイナリー「ドメーヌ・コーセイ」を2019年に設立。メルローにこだわり、日本一のメルローが栽培できる好適地である「信州桔梗ヶ原ワインバレー」片丘地区に位置する自社畑から産出したメルローのみを使用した、唯一無二のワイン造りをおこなっています。ワイナリーのロゴモチーフにもなっている、「バラ」の名前がつけられた美しい自社畑での丁寧なメルロー品種の栽培と、美味しいワインを造るために計算され尽くしたワイナリーからは、素晴らしく繊細でエレガントなワインが誕生しています。

赤ワイン

ドメーヌ・コーセイ

【ドメーヌ・コーセイ×wa-syu】Velvet Merlot F37 2020 French Oak

通常価格
¥7,920 (税込)
通常価格
販売価格
¥7,920 (税込)
単価
あたり 

「ドメーヌ・コーセイ」が日本で初めて導入した「プリムール」でwa-syuが樽買した、ベルベットのようなタンニンが心地よい、メルローの赤ワイン!

在庫状況

在庫あり

ベルベットのような厚みとなめらかさが心地よい、極上のメルローが誕生!「ドメーヌ・コーセイ」が日本で初めて導入した「プリムール」でwa-syuが樽買いした、276本限定の特別な赤ワイン

日本を代表する醸造家・味村興成(あじむらこうせい)氏が、自身の名を冠して設立したワイナリー「ドメーヌ・コーセイ」と、日本ワインのオンラインショップ「wa-syu」がコラボレーション! 2022年11月に公開の日本ワインをテーマとした2つの映画「シグナチャー ~日本を世界の銘醸地に〜」(柿崎ゆうじ監督・脚本/2022年11月4日公開予定)、「Vin Japonais(ヴァン・ジャポネ) ~the story of NIHON WINE」(NORIZO監督・プロデューサー/2022年11月25日公開予定)にも登場する、味村興成氏が経営する「ドメーヌ・コーセイ」が日本で初めて導入した、樽で育成中のワインを先行販売する「プリムール」でwa-syuが樽買いした、276本限定の特別な赤ワインです。2021年6月にワイナリーでおこなわれたプリムールセールで、国内随一のメルローの栽培地として名高い、「信州桔梗ヶ原ワインバレー」片丘地区に位置する自社畑から産出したメルローのみを使用した、6種類の樽からwa-syuが選んだのは、よりポテンシャルを感じさせた、1902年から続くフランス・ボルドーの名門樽メーカー、NADALIÉ(ナダリエ)社の新樽フレンチオークの「Expression Rouge VELOURES(エクスプレッション ルージュ ベロア)」の樽ナンバー「F37」。2021年12月に約11カ月の樽育成を経て無濾過で瓶詰め。樽の名称でもあり、「Velvet Merlot F37 2020 French Oak」のネーミングの由来でもあるVELOURES(ベロア、ビロード、ベルベット)そのものの、なめらかなタンニンが心地よい、ミディアムボディのエレガントな赤ワインは、カシスやブラックベリーの果実の凝縮感、甘いバニラの香り、醤油を想わせる旨みと奥深さ、長く続く余韻。喉にひっかかることのないまろやかな味わいは、和食など繊細な料理にもしっくり馴染みます。

醸造家やwa-syuのこだわりを凝縮して、完成した逸品

ボトルの蝋キャップシールは、ワイナリーとwa-syuスタッフが一本一本手作業で、蜜蝋を使ってコルクを封印する作業をおこなっています。手間がかかる仕事ではありますが、大切な作品を保護するための大切なプロセスです。蝋キャップは通常のキャップシールと比べると、よりしっかりとコルクに密着するので、ワインの酸化と劣化を防ぐ役割があります。長くセラーなどに寝かせて熟成させるという楽しみがある、特別なワインだからこそ、この蝋キャップにもこだわりました。さらに今回のコラボレーションワインのラベルは、通常よりも大きめのサイズを採用。紙の質感にもこだわり、中身のワインを想わせる深紅のベルベットカラーで大きく「F37」の文字をデザインしています。

テイスティングコメント

【醸造家・味村興成氏のコメント】
じっくりと樽で育成し、テイスティングを重ねて、十分美味しくなったと判断したうえでリリースした「Velvet Merlot F37 2020 French Oak」ですが、このワインはビン熟成によってまだまだ味わいが深まるポテンシャルを持っていると思います。一本を今すぐ飲んでいただいて、まだ若さもあるところを楽しむのもよいですし、来年、3年後…という感じで飲んで、味の深まりや違いを感じていただくのも面白いと思います。18~20度前後が適温なので、冬なら室温程度で、夏なら少し冷やして、ぜひいい状態で味わっていただきたいですね。このワインもそうですが、日本の赤ワインは洋食はもちろんですが、和食や家庭料理にも合わせやすい。味噌、醤油、みりんを使ったものにも合いますし…。魚卵などは、普通は赤は合わないのですが、日本ワインだと不思議と合うんです。逆に味わいが強すぎるチーズや、油っぽい肉にはちょっと引いてしまう感じです。それが日本のメルローだなと思いますし、その繊細さが良いところだと思うのです。wa-syuのスタッフさんが何度もワイナリーに足を運んで、対話を重ねた上で選んだ、最高のキュベです。絶妙なベルベットのようなメルローを、ぜひお味わいください。

【味村興成氏プロフィール】
「シャトー・メルシャン」で醸造責任者を務め、日本ワインを世界レベルに押し上げることに貢献した醸造家の一人。現代日本ワインの父と呼ばれる、故・麻井宇介(あさいうすけ)氏の愛弟子としてその思想を受け継ぎ、甲州ブドウの栽培・醸造方法をあらゆる角度から検証。日本ワイン史に残る名作ワイン「甲州きいろ香」を誕生させ、甲州ブドウの魅力を世界に知らしめるきっかけを作りました。日本ワインの黎明期からの活躍に加え、ボルドー大学留学時代の経験から醸成された美学を凝縮した自身のワイナリー「ドメーヌ・コーセイ」を信州桔梗ヶ原ワインバレーに設立。自社畑のメルローにこだわった、唯一無二のワイン造りをおこなっています。

おすすめのペアリング

【醸造家・味村興成氏のおすすめ】
山賊焼き

【バイヤー・菊地のおすすめ】
馬刺し・馬肉のステーキ・鹿肉の薫製といった信州ジビエ、マグロ(中トロ・大トロ)の刺身、バター醤油のサイコロステーキなど

▼「276本限定!ドメーヌ・コーセイ×wa-syuのコラボレーションワイン『Velvet Merlot F37 2020 French Oak』」特集コンテンツはこちら
▼「恵比寿『SAN TROPEZ』がペアリングメニューを提案!Velvet Merlot F37 2020 French Oak」特集コンテンツはこちら
▼「シリーズ・日本ワインが生まれるところ 。長野『ドメーヌ・コーセイ』にインタビュー!」特集コンテンツはこちら

▼「wa-syu限定ワインのアイテムリスト」はこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
長野県
ワイナリー
ドメーヌ・コーセイ
品種・ブレンド比率
メルロー100%
生産年度
2020年
タイプ
ミディアムボディ
味わい
エレガント
アルコール度数
12%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP