気鋭の醸造家が、自社以外でセレクトした日本ワインとは?カーブドッチ・ワイナリー、掛川史人さんがセレクトする4本

『wa-syu』でも人気の銘柄を手がける気鋭の醸造家に、「いま、あえて自社以外で、4本の日本ワインを選ぶとしたら?」と聞いてみました。

カーブドッチ・ワイナリーは、新潟県を代表するワイナリー

希代の造り手は、また希代の飲み手でもあります。今回は、新潟県の『カーブドッチ・ワイナリー』の醸造家、掛川史人(かけがわふみと)さんに、注目の4本をセレクトしてもらいました。
日本ワインの新たな銘醸地"新潟ワインコースト"の生みの親でもある『カーブドッチ・ワイナリー』は、新潟県の日本海に面した角田浜(かくだはま)を、ワイン未開の地から世界に誇るワイン産地にすることを目指し、1992年に設立されました。
レストラン、スパ、オーベルジュを併設する、滞在型ワイナリーとしても注目を集めています。ブドウ畑の栽培にも取り組んでおり、珍しい砂質の土壌を個性として味わえるような、テロワールを感じるワイン造りを続けています。掛川史人さんは、このワイナリーで醸造責任者として活躍しており、新潟県のみならず、日本ワイン界でも注目されている存在。昨今の日本ワインブームを牽引する、キーパーソン的存在です。

▼「カーブドッチ・ワイナリーのアイテムリスト」はこちら

掛川さんがセレクトした日本ワインは、この4本

「造り手が選ぶワインということで、この4本をセレクトさせていただきました。この4本は、どのワインも「日本らしい」ワインではなく、「日本でしか造れない」ワインです。ぜひ、刻々と変わりゆく日本ワインの今を感じてください」。掛川さんのセレクトを通して、今しか味わえない進化の過程と、造り手の想いを体感してみて。

※左から3番目の画像はイメージです。wa-syuでの取り扱いは、2015ヴィンテージです。
※左から4番目の画像はイメージです。2018ヴィンテージは完売となりました。現在の取り扱いは、2020ヴィンテージです。

写真左から:
清澄白河フジマル醸造所/Farmer’s Merlot City Farm 2019
GRAPE REPUBLIC/Rosso
ココ・ファーム・ワイナリー/北ののぼ 2015
楠わいなりー/デラウェア・オレンジ 2018 ※SOLD OUT
楠わいなりー/デラウェア・オレンジ 2020

 

掛川さんセレクト① 地域や人とのつながりを感じる、都市型ワイナリーの面白さ

「このワインを飲むと、奇をてらわない実直さと、おそらくブドウに注いでいるであろう優しさが伝わってきます。都市型ワイナリーらしく、ブドウは県外からの購入ブドウですが、プロの農家さんが作るブドウのクオリティは 素晴らしいのだろうという事も感じさせます。「どこで作られたブドウ」を意識して飲むのか。「誰が造ったワイン」を意識して飲むのか。日本ワインは地域や人と繋がりやすい分だけ、その意味合いが強くなる気がします。東京にお住まいの方、ぜひこのワイナリーを訪れてみてください」。

清澄白河フジマル醸造所 [東京]
Farmer’s Merlot City Farm 2019/4,290yen(税込)

掛川さんセレクト② 食用ブドウの可能性を広げた味わいには、虜になる人続出!

「食用ブドウの可能性を大きく広げたのが、この『GRAPE REPUBLIC』さん。既存のワインの概念とは大きく異なりますが、フレンドリーかつ緻密な味わいの魅力は、ひと口飲んで取り憑かれている人が続出していることからも明白です。このワインのベースに使用されているのはスチューベンというブドウ。甘酸っぱくどこか懐かしさを感じるブドウですが、ワインにするとピンクグレープフルーツのニュアンスが前面に出てきて、とても面白い味わいになります」。

GRAPE REPUBLIC [山形]
Rosso/3,850yen(税込)

掛川さんセレクト③ 歴史あるワイナリーならでは。長期熟成の奥深さは、海外のものに匹敵

「シャンパーニュの味わい深さの理由に、その瓶内熟成期間があります。澱とともに長期間熟成させることで独特の風合いが生まれるのです。日本の長期熟成の代表ワインがこれ。優雅な香りと立ち上る繊細な泡は、まさにシャンパーニュのよう。近年急激にワイナリーが増えていますが、この泡立ちと味わいは歴史あるワイナリーだからなせる業です。レストランのディナーの幕開けに相応しい威厳と緊張感を持つのはシャンパーニュかもしれませんが、食事の終わりに、より親密になった二人でリラックスして飲むならこちらのワイン。緊張感より安心感を与えてくれるのが、日本ワインの良いところだと思います」。

※画像はイメージです。wa-syuでの取り扱いは、2015ヴィンテージとなります。

ココ・ファーム・ワイナリー [栃木]
北ののぼ 2015/7,260yen(税込)

掛川さんセレクト④ 価格帯にそぐわないほど長いタンク熟成期間を経た、オレンジワインの逸品

「オレンジワインに馴染みがある人にもない人にも、ぜひ飲んでほしいのがこのワイン。 食用ブドウのデラウェアから造られているとは思えないほど完成度が高い味わいで、むしろデラウェアの真価はオレンジワインにあるのでは? と考えてしまいます。手掛けたのは長野の『楠わいなりー』さん。こだわり抜いた造り方をされるワイナリーで、このワインも価格帯にそぐわないほど長いタンク熟成期間を経ています。ちなみに私はこのワインを飲んで、自分でもデラウェアのオレンジワインに挑戦することを決めました」。

※画像はイメージです。2018ヴィンテージは完売となりました。現在の取り扱いは、2020ヴィンテージです。

楠わいなりー [長野]
デラウェア・オレンジ 2018/SOLD OUT
デラウェア・オレンジ 2020/2,530yen(税込)

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT

カーブドッチ・ワイナリー
新潟県新潟市西蒲区角田浜:(株)カーブドッチ

カーブドッチ・ワイナリー(CAVE D'OCCI/かーぶどっちわいなりー)は、1992年に設立されたレストラン、スパ、オーベルジュを併設する、新潟を代表する滞在型ワイナリー。海と砂に囲まれた、日本ワインの新たな銘醸地「新潟ワインコースト」の歴史は、ここから始まりました。国産生ブドウかつ欧州系のワイン専用種のワインを造ることを目標に掲げ、ワイン未開の地でスタート。砂浜のような砂質土壌の適性品種を求めて、創業からこれまで40種類以上の品種を植えてきました。現在も約20種類のブドウを栽培しています。
目の前にはのびやかに横たわる角田山。広大なブドウ畑に囲まれた一帯に設立されたカーブドッチ・ワイナリーは、訪れた人々がワイン造りの現場に触れ、ワインやお料理を愉しみ、「ワイン」「食べる」「買う」「泊まる」の豊かな時間を過ごしていただけるような空間やサービスを揃えています。

▼「カーブドッチ・ワイナリーのアイテムリスト」はこちら

気鋭の醸造家が、自社以外でセレクト。
「日本ワインで選ぶならこの4本」
岩崎醸造 白石壮真さん編

山梨県の歴史と伝統あるワイナリー『岩崎醸造』で、醸造家として活躍している白石壮真(しらいしそうま)さん。日本ワインコンクールでも多くの賞を受賞している、日本ワイン界のホープ・白石壮真さんが、今、自身が注目している4本をセレクトしてくれました。

▼「岩崎醸造 白石壮真さん 編」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2021.4.21

【CAVE D'OCCI×wa-syuのコラボレーションワインが誕生! 新感覚の"露 ~つゆ~ "】天然酵母で醸造した、"うすら甘い"残糖感ある特別なワイン。気鋭の醸造家・掛川史人氏の技によって造り出された、新感覚のケルナーです

2021.4.10

【大切な人と過ごす特別な日に。お祝いワインセレクション。】 季節の大きな節目も、ちょっといいことがあった日も。場を華やかにしてくれる日本ワインで乾杯すれば、日常のシーンが一気にお祝いごとに変わります

2021.3.3

【クラシックな品種で味わう、日本ワインの現在。】 メルローやカベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランといったクラシックな品種が、日本ワインで魅せる新たな顔

TOP