多田ワイナリー

北海道空知郡上富良野町東:(有)多田農園

多田ワイナリー(Tada Winery/ただわいなりー/タダワイナリー)は、北海道のほぼ真ん中の位置、寒暖の差の大きい富良野盆地で、野生酵母による自然な造りのワインを手がけているワイナリー。1901年(明治34年)から代々引き継がれ、現在はワイン用ブドウ、にんじん、とうもろこしをメインに栽培している「多田農園」が運営しています。代表取締役は多田繁夫(ただしげお)氏。2016年のワイナリー開設のきっかけとなった「ピノ・ノワール」を中心に、その大地で元気に育ったブドウを、ひと粒ひと粒手作業で収穫。野生酵母によるワイン造りは手間もかかりリスクも伴いますが、その土地そのものを感じることができる、大変特徴的なワインを生み出しています。 造り手の多田繁夫氏が目指すのは、「多田ワイナリーを地域のワイナリーとして育て上げること。そして、地域にヴィンヤードやワイナリーが数多くでき、ワイン文化の香り高い豊かな地域文化づくりに微力ながら貢献すること」。無農薬栽培の試験を始めるなど、次世代に引き継ぎ発展させるべく、日々奮闘しています。また、多田農園では、ワイン造りのほかに、自社畑で栽培したにんじん、梨、ブドウを使ったオリジナルジュースの製造・販売をはじめ、プチペンション田舎倶楽部の運営もおこなっており、作物づくりを中心に、加工や体験、宿泊などを通して「こころとからだにやさしい食と暮らしを提案する農園」を目指しています。

赤ワイン

多田ワイナリー

2020 ピノ・ノワール

通常価格
¥4,950 (税込)
通常価格
販売価格
¥4,950 (税込)
単価
あたり 

「多田ワイナリー」設立のきっかけとなった品種「ピノ・ノワール」の赤ワイン。自社栽培のブドウを野生酵母で発酵させた、ワイナリーを代表する銘柄!

在庫状況

在庫あり

ワインラヴァーを魅了するしっかりとした酸が特長的な、野生酵母にこだわる「多田ワイナリー」ならではのピノ・ノワール

「多田ワイナリー」は、1901年に北海道・上富良野へ入植した「多田農園」の3代目・多田繁夫(ただしげお)氏が2016年に設立したワイナリー。委託醸造時代からの師匠である北海道・岩見沢「10R(とあーる)ワイナリー」のブルース・ガットラヴ氏の教えから、野生酵母にこだわったワイン造りをおこなっています。野生酵母でのワイン造りは、造り手の経験値に左右され、非常に手間がかかる一方で、唯一無二の奥深い味わいに。「2020 ピノ・ノワール」は、2020年に収穫した自社栽培のピノ・ノワールを野生酵母で発酵させたミディアムボディの赤ワイン。上富良野ならではのしっかりとした酸が堪能できる、多田ワイナリーを代表する銘柄のひとつです。多田氏の友人で北海道・旭川を拠点として活躍するデザイナー、あべみちこ氏(よつば舎)による絵本のように可愛らしいラベルデザインも魅力です。

【ワイナリーのコメント】
ワインの色はやや薄めのガーネット。ラズベリー、赤紫蘇、アセロラの香り。しっかりとした酸、やや強めのタンニン。 ミディアムボディで余韻は中程度。土っぽさ、マッシュルームや紅茶を連想させる味わいです。

おすすめのペアリング

【ワイナリーのおすすめ】
キノコを使った和食やアヒージョ、カツオのたたき

▼「北の大地から初入荷! 雪と野生酵母が育んだ自然派ワイン!多田ワイナリー」はこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
北海道
ワイナリー
多田ワイナリー
品種・ブレンド比率
ピノ・ノワール100%
生産年度
2020年
タイプ
ミディアムボディ
味わい
旨み
アルコール度数
11.5%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP