THREE PEAKS

岩手県大船渡市盛町字沢川:(株)スリーピークス

THREE PEAKS(すりーぴーくす/スリーピークス)は代表である及川武宏(おいかわたけひろ)氏が東日本大震災から約3年後の2014年1月、生まれ育った岩手県大船渡市に移り住み、「三陸に100年続く新しい文化を創造する」という壮大な夢を持ってスタートした家族経営のワイナリー。三陸沿岸地域をワインの産地にし、国内外から多くの観光客を迎えたい。大きな夢も小さな一歩からということで、大船渡市、陸前高田市で土地を耕し、ヴィンヤードを始めました。また、陸前高田市でリンゴ園を譲り受け、岩手県で最も古い140年以上の歴史を誇る陸前高田市の米崎リンゴをはじめ、10数種類のリンゴを育てています。2015年に販売を開始した「りんご屋まち子のアップルシードル」を中心に、多彩なラインアップを展開。「"やさしくなれるひととき"を過ごしていただきたい」。その想いを大切に、家族みんなでリンゴとブドウを栽培し、岩手県の自然豊かな風景を感じられるシードルやワインを目指しています。グラフィックデザイナー・樽見星爾(たるみせいじ)氏が手がけたTHREE PEAKSのロゴは、木製の船舶を建造する際に用いられる部材でもある「チキリ」をイメージしたデザイン。人と人とのつながり、地域と地域のつながりが永遠に続いていくような想いが込められています。

白ワイン

THREE PEAKS

Chardonnay 2021 自畑のぶどうで造る大船渡ワイン

通常価格
¥6,490 (税込)
通常価格
販売価格
¥6,490 (税込)
単価
あたり 

納得のいく年しかリリースしない特別なワイン!「THREE PEAKS」が大船渡市猪川町で育てる自畑のシャルドネから造る白ワイン

在庫状況

在庫あり

納得のいく年しかリリースしない特別なシリーズ!海街ワイナリーならではの、ミネラル感のあるスッキリとしたシャルドネワイン

東日本大震災から約3年後、2014年1月に代表・及川武宏(おいかわたけひろ)氏が生まれ育った岩手県大船渡市に移り住み、スタートした家族経営のワイナリー「THREE PEAKS(スリーピークス)」。「自畑のぶどうで造る大船渡ワイン」は、ワイナリーが納得のいく年のみリリースする、自畑のブドウによるシリーズです。大船渡市で畑を耕し、小さな苗を植えることから始めたワイン造り。醸造家が土づくりから、収穫・仕込み・醸造まで全ての工程をおこなっています。優しい酸味と、海を感じる味わいは、醸造家の個性が溢れる唯一の銘柄。日本でいちばん海に近いワイナリーならではの、ミネラル感のあるスッキリとした味わいです。フレッシュな草や、果実の香り、特徴的な酸が魅力。三陸の魚介類と合わせて飲みたい辛口シャープな白ワインです。

【ワイナリーのコメント】
自然豊かな海街ワイナリーで醸造するスリーピークスのワイン。潮風の爽やかさと、ホッとする懐かしい風景を感じれば、ありのままの自分に帰れる時間が訪れます。頑張る毎日だからこそ、自分の素敵なワインタイムを。「やさしくなれるひととき」をどうぞお過ごしください。

・ラベルデザインについて
醸造家が想う故郷「大船渡」を描いていただきました。夕日に映える山の稜線がとても好きだそう。ワイナリーの裏手はすぐに海があり、いつも雄大な山が見えます。
ディレクション/デザイン:樽見星爾
イラスト:平岡瞳

・ワイン造りとこれからの想い
私たちの想いはただワインを造ることだけではなく、三陸で100年続く文化を創ることです。それは子どもたちのためであり、この地域のためと考え歩んでいます。そのために交流人口を増やし、ゼロから何かを創る人材を育成していきたいと思います。

▼「日本でいちばん海に近い!復興地域の新たなチャレンジ 。初入荷!岩手県大船渡市『スリーピークス』」はこちら
▼「シリーズ・日本ワインが生まれるところ 。岩手『THREE PEAKS』にインタビュー!」特集コンテンツはこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
白ワイン
産地
岩手県
ワイナリー
THREE PEAKS
品種・ブレンド比率
シャルドネ100%
生産年度
2021年
タイプ
辛口
味わい
シャープ
アルコール度数
11%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP