ルミエールワイナリー

山梨県笛吹市一宮町南野呂:(株)ルミエール

ルミエールワイナリー(Lumiere Winery/るみえーるわいなりー)は、山梨県笛吹市で代々続く老舗で、大正時代には宮内庁御用達となった由緒あるワイナリーです。明治18年(1885年)、降矢徳義(ふりやとくぎ)が甲州園(現在のルミエール)の前身となる降矢醸造場を創設。その後、大正7年に皇室御用達となり、昭和2年には昭和天皇御即位の御大典祝賀用に採用された歴史があります。

創業時から「本物のワインを造るには、本物のブドウを育てること」をモットーに、ワイン用ブドウの栽培を続け、自社農園では雑草を生かした「草生栽培」、人工的に耕さない「不耕起栽培」による土づくりをしているのもこだわりの一つ。雑草を増やすことにより多種の生物が共存する環境「生物多様性」が守られ、たくさんの動植物が生命を営んでいます。そのため、地上では虫によるブドウへの食害が減り、地下では水はけのよい柔らかい土壌が作られます。

1998年に国登録有形文化財に、2018年には日本遺産の構成要素に認定された「石蔵発酵槽(いしぐらはっこうそう)」でも有名。明治34年(1901年)に"日本のワイン王"と呼ばれた実業家・神谷傳兵衛(かみやでんべえ)氏の指導を受け、扇状地の傾斜を利用した日本初のヨーロッパ型横蔵式地下発酵槽で、現在も使用されています。

赤ワイン

ルミエールワイナリー

石蔵和飲 2020

通常価格
¥2,530 (税込)
通常価格
販売価格
¥2,530 (税込)
単価
あたり 

国の登録有形文化財に認定されている「石蔵発酵槽(いしぐらはっこうそう)」で仕込まれる、世界的にも珍しい赤ワイン!イチゴのようなアロマと柔らかなタンニンが特長

在庫状況

在庫あり

コップでカジュアルに楽しむのもおすすめ!日本初のヨーロッパ型横蔵式地下発酵槽「石蔵発酵槽」で仕込むマスカット・ベーリーAの赤ワイン

【ワイナリーのコメント】
山梨県産のマスカット・ベーリーAを「石蔵発酵槽(いしぐらはっこうそう)」で仕込んだ、限定生産のライトボディ赤ワイン「石蔵和飲(いしぐらわいん)」。石蔵発酵槽とは、国の登録有形文化財に指定されている歴史的な醸造設備で、花崗岩(かこうがん)の石材を用いて1901年に制作された地下発酵槽です。現代のような温度管理の技術がなかった時代に、地熱の力で発酵温度を安定させ、より高品質なワインを造ろうと努力した先人達の努力がうかがえます。イチゴのようなアロマと酸、柔らかなタンニンを含んだ、親しみやすい味わいが魅力です。

【バイヤー・菊地のコメント】
ルミエールワイナリーで、このワインに使われるブドウ、マスカット・ベーリーAの収穫を体験しました。一房一房ボリューム感があり、食べても十分に美味しくて美しいこのブドウは、日本の食卓に溶け込む味わい深い赤ワインになります。ほんの少しブレンドされているブラック・クイーンが骨格を感じさせ、大きめのグラスでお肉料理と合わせて楽しむことも、コップで家庭料理とカジュアルに楽しむこともできる、万能ワインに仕上がっています。

おすすめのペアリング

【ワイナリーのおすすめ】
筑前煮や肉じゃがなどの家庭料理と相性が抜群です。

【バイヤー・菊地のおすすめ】
ローストビーフ、マグロのステーキ、すきやき、肉じゃがなど

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
山梨県
ワイナリー
ルミエールワイナリー
生産者
品種・ブレンド比率
マスカット・ベーリーA91%、ブラック・クイーン9%
生産年度
2020年
タイプ
ライトボディ
味わい
旨み
アルコール度数
12%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP