尽きせぬ魅力の日本固有品種、マスカット・ベーリーA

日本ワインに欠かせない重要品種、マスカット・ベーリーA。赤やロゼ、スパークリングなど、幅広いタイプのワインになるポテンシャルの高さにも注目です。

日本ワインの赤といえば、マスカット・ベーリーA。日本の風土に合った優良品種は、海外からの評価も高まる一方!

日本を代表する黒ブドウ品種、「マスカット・ベーリーA(Muscat Bailey A)」。ワイン用としても生食用としても愛され、日本固有種として、甲州に次ぐ重要品種として位置づけられています。赤ワイン用原料ブドウの中で、最も多い生産量を誇る「マスカット・ベーリーA」は、栽培地域は山梨県、山形県、長野県が上位を占めますが、比較的寒さや湿気にも強いため、広い地域で栽培されています。イチゴを思わせる甘い香りと、軽いタンニンが特徴で、フレッシュでフルーティーな味わいが楽しめます。また、「マスカット・ベーリーA」からは、赤ワインだけでなくロゼやスパークリングワインも造られており、幅広いスタイルに対応するそのポテンシャルの高さに、魅せられている生産者も多い品種です。さらに、甲州に次いで国際ブドウ・ワイン機構(OIV)に登録された、2例目のブドウでもある「マスカット・ベーリーA」。これにより、海外でもどんどん知名度が高まっています。『wa-syu』では、ワインエキスパートがおすすめする「マスカット・ベーリーA」のワインをピックアップ。その魅力と奥深さを、ぜひ味わってみてください。

▼「マスカット・ベーリーA品種のアイテムリスト」はこちら

「マスカット・ベーリーA」の原産地は新潟県。日本ワインの父・川上善兵衛氏が苦心して改良し、広めた品種が、時を超えて愛される理由とは?

明治元年、新潟県・現上越市で、大地主の家に生まれた"日本ワインの父" 川上善兵衛(かわかみぜんべえ)氏。日本の風土に合うブドウを探すべく、ヨーロッパ種とアメリカ種の交配を進め、生涯を通して10,000株以上の交雑種を育成しました。中でも1927年に誕生した「マスカット・ベーリーA」は、アメリカ系品種のベーリー種と、ヨーロッパ系品種のマスカット・ハンブルクを掛け合わせて生まれた、生食用としても優秀なブドウ。糖度が高いうえに病気になりにくく、収穫量が多く、果実が早めに熟すので、霜が降りる前に収穫できるのもメリットでした。この素晴らしいブドウ品種の苗木を、氏は請われるがままに惜しげもなく配布し、栽培指導をするなどして普及に努めました。彼の"よりよいブドウ、よりよいワインを日本に根付かせたい"という熱意が、現在の日本ワインの礎となっていることは間違いありません。他にも川上善兵衛氏は、「ブラック・クイーン」を始めとする22種類もの優良品種を学会で発表したほか、「ナイアガラ」「キャンベル・アーリー」種を始めて日本に輸入するなど、その功績は多大です。

▼「マスカット・ベーリーA品種のアイテムリスト」はこちら

栽培家、醸造家の技と個性を柔軟に反映。幅広いスタイルが楽しめる「マスカット・ベーリーA」の日本ワイン。

北海道以外の地域で幅広く栽培されている「マスカット・ベーリーA」。主に赤ワインになることが多い品種ですが、ひとくちに"赤"と言っても、凝縮感のあるエレガントなものからフルーティーでライトなもの、樽熟成されたものまで、その表現はさまざま。また、美しい色のロゼや、ランブルスコ風のスパークリング、ブレンドのベースワインになるなど、さまざまな姿を見せてくれます。品種の特長としては、イチゴやキャンディのようなフルーティーな香り、渋みや酸味は弱めという特長がありますが、「マスカット・ベーリーA」のポテンシャルは、それだけではありません。造り手の意図や好みに柔軟に対応してくれる、非常に面白い品種であると言えるので、いろいろな銘柄をぜひ、味わってみてください。

写真左から:
マスカット・ベーリーA 2019/3,190yen(税込)
【wa-syu限定】樽熟 マスカット・ベーリーA 2019/5,500yen(税込)
AOKISM feat.Ashid MBA 2019/4,620yen(税込)

品種リストで、欲しいモノが見つかる!

[品種から探す]
ブドウやリンゴなどの品種からアイテムを探すことができます。日本固有の「甲州」や「マスカット・ベーリーA」、「ブラック・クィーン」「ヤマブドウ」など、あなたのお気に入りの品種からお好みのアイテムを見つけてください。

▼「品種リスト」はこちら

品種リストで、欲しいモノが見つかる!

ブドウ品種で選べば、日本ワインがもっと楽しくなる。日本固有種から欧州系品種まで、品種ガイドと、ワインエキスパートおすすめの銘柄を紹介します。

▼「ブドウ品種別ガイド」はこちら

 

日本ワインで、日本をもっと深く知る。
エリア別ワイナリーガイド

日本の感性と職人技を生かした名品が次々と誕生し、国内外の食通を惹きつけながら、進化し続ける日本ワイン。南北に長い日本列島の各地で栽培・収穫されたブドウのみを使用し、日本国内で製造された「日本ワイン」は、その地域の気候や品種によって性質もさまざまで、そのため多様性に富んだ味わいが特徴です。北は北海道、南は九州・沖縄まで。日本全国より、wa-syuが厳選した40以上のワイナリーをエリア別ガイドでご紹介します。

▼「エリア別ワイナリーガイド」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.3.16

【wa-syuだけで味わえる、特別な日本ワイン】 人気ワイナリーとのコラボレーションや限定醸造、オリジナルラベルなど、醸造家さんとこだわって造りました。全8銘柄を展開中!

2022.3.8

【マリアージュでさらに楽しむ、限定醸造ワイン】 『シャトー勝沼』のwa-syu限定醸造ワインに、何を合わせる? 料理人でもあるワインの造り手が、家庭でできるオリジナル料理をレクチャー!

2022.2.9

【日本固有品種、甲州 】 日本を代表するブドウ品種、甲州の豊かなバリエーションを味わい尽くす!国際的にも評価が高まっているこの甲州種は、実は非常に多彩な味わいを生み出します。その奥深い魅力にフォーカス

TOP