広島三次ワイナリー

広島県三次市東酒屋町:(株)広島三次ワイナリー

広島三次ワイナリー(Hiroshima Miyoshi Winery/ひろしまみよしわいなりー/ヒロシマミヨシワイナリー)は、広島県内初のワイナリーとして1994年7月創業。広島県一のブドウ産地の三次盆地に位置し、先人の熱い想いとたゆまぬ努力の蓄積により事業を展開。2007年から自社園、専用圃場を確保し、ワイン専用種による「TOMOÉ(トモエ)」シリーズをリリース。三次産100%のブドウによるワイン造りに努め、日本ワインが持つ、繊細な本物の味を伝えることに力を注いでいます。また、三次の風土を五感で愉しめるように、新しい旅のスタイル「三次ワインツーリズム」を提案。敷地内には、「Barbecue Garden(バーベキューガーデン)、「Cage Vine(カフェ ヴァイン)」をはじめ、西日本最大級のワインセラーを完備したワイン館やワインショップ、三次の特産品や銘菓などを豊富に取り揃えた物産館などを併設し、三次の食と文化を日々発信しています。

赤ワイン

広島三次ワイナリー

TOMOÉ 小公子 マスカット・ベーリーA 2018

通常価格
¥3,850 (税込)
通常価格
販売価格
¥3,850 (税込)
単価
あたり 

2つの日本固有品種、小公子とマスカット・ベーリーAの個性的なブレンドが魅力!小公子の野性味、ベーリーAの華やかな香りが調和した赤ワイン

在庫状況

在庫あり

2つの日本固有品種のいいとこどり!「小公子」と「マスカット・ベーリーA」をブレンドした日本ならではの優しい渋みで軽やかな赤ワイン

醸造家が研究を重ねて誕生した、2つの日本固有品種「小公子」と「マスカット・ベーリーA」の個性的なブレンドが魅力!小公子の野性味、マスカット・ベーリーAの果実味が調和した、唯一無二のミディアムボディ赤ワイン。日本古来のヤマブドウを祖とする濃い色合いと強い酸味を持つ小公子を樽熟成することでまろやかさと複雑味を持たせ、マスカット・ベーリーAの華やかな香りをまとわせた日本ならではのワインです。渋みが少なく、フレッシュな酸味と長い余韻の終わりに樽熟成による旨みが感じられます。

ワイナリーを代表する「TOMOÉ(トモエ)」は、広島県北の霧深い三次盆地に位置する「広島三次ワイナリー」が、綺麗な水の循環をコンセプトにブドウ栽培・ワイン醸造をおこなうシリーズ。近年は、国内外のワインコンクールで多数の受賞を獲得する銘柄も生まれています。広島の地で育まれた極上の一杯をお楽しみください。

おすすめのペアリング

【ワイナリーのおすすめ】
シカ肉やイノシシ肉のジビエ

▼「初入荷!『TOMOÉ』ブランドで世界水準の日本ワインを表現!広島三次ワイナリー」はこちら

▼「TOMOÉシリーズ」はこちら

Details詳細情報

商品番号
カテゴリ
赤ワイン
産地
広島県
ワイナリー
広島三次ワイナリー
品種・ブレンド比率
小公子 マスカット・ベーリーA (ブレンド比率:非公開)
生産年度
2018年
タイプ
ミディアムボディ
味わい
まろやか
アルコール度数
12.5%
サイズ
750ml
保存方法
冷蔵(14度-18度)
ギフトサービス
不可

Caution注意事項

※画像はイメージです。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の性質上、お客さまのご都合での返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。

TOP