シリーズ・日本ワインが生まれるところ。

日本ワインは人とブドウのストーリーから生まれます。ますます日本ワインが好きになる、そんな素敵なワイナリーを、wa-syuが独自取材でご紹介!

Vol.1|栃木県足利市田島町『ココ・ファーム・ワイナリー』

Vol.1は、栃木県足利市の『ココ・ファーム・ワイナリー』。ブドウの声を聞く。栃木県・足利市『ココ・ファーム・ワイナリー』の醸造部長、柴田豊一郎(しばたとよいちろう)さんにお話を伺いました。

Vol.2|東京都台東区『BookRoad 〜葡蔵人〜』

Vol.2は、東京都台東区の『BookRoad(ブックロード) 〜葡蔵人〜』。東京の下町でワイナリーを営む、気鋭の都市型ワイナリー、醸造担当・須合美智子(すごうみちこ)さんにお話を伺いしました。

Vol.3|山梨県笛吹市一宮町南野呂『ルミエールワイナリー』

Vol.3は、山梨県笛吹市の『ルミエールワイナリー』。日本屈指の老舗でありがなら、先鋭的なチャレンジも。日本ワインを牽引する『ルミエールワイナリー』の代表取締役社長・木田茂樹(きだしげき)さんにお話を伺いしました。

Vol.4|山梨県南アルプス市小笠原『ドメーヌヒデ』

Vol.4は、山梨県南アルプス市の『ドメーヌヒデ』。その人柄も慕われている、日本ワイン界の風雲児。醸造家"ヒデさん"こと、渋谷英雄(しびたのひでお)さんにお話を伺いました。

Vol.5|愛媛県今治市大三島町『大三島みんなのワイナリー』

Vol.5は、愛媛県今治市大三島町の『大三島みんなのワイナリー』。"この島でワインを造りたい!"と移住を決意、しまなみ唯一のワイナリーで、奮闘中の栽培・醸造責任者、川田佑輔(かわだゆうすけ)さんにお話を伺いました。

Vol.6|長野県塩尻市片丘の『ドメーヌ・コーセイ』

Vol.6は、長野県塩尻市片丘の『ドメーヌ・コーセイ』。1980年代にフランスでワインを学び、日本ワイン界のレジェンド・麻井宇介(あさいうすけ)さんの薫陶を受け、バラの名前がついた圃場を持つ日本有数のベテラン醸造家、味村興成(あじむらこうせい)さんにお話を伺いました。

Vol.7|岩手県大船渡市大船渡町の『THREE PEAKS』

Vol.7は、岩手県大船渡市大船渡町の『THREE PEAKS(スリーピークス)』。東日本大震災を機にUターンでふるさとに戻り、2018年に設立。受賞歴のあるシードルや、地元で栽培されたブドウで造ったワイン、地元の漁師さんとのコラボシードルなど、個性あふれる銘柄で頭角を現している、ワイナリーの代表であり醸造家の及川武宏(おいかわたけひろ)さんにお話を伺いました。

産地リストで、欲しいモノが見つかる!

[産地から探す]
北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄の8エリア、47都道府県からアイテムを探すことができます。あなたのお気に入りの産地からお好みのアイテムを見つけてください。

▼「産地リスト」はこちら

RELATED ARTICLE

関連記事

2022.8.17

【国内外で絶賛、コンテスト入賞の日本ワイン!】 国内外のコンテストの厳しい審査を経て見事入賞した銘柄が集結!アワードの種類も、その審査基準もさまざま。その違いを見るのも面白い飲み方です

2022.8.17

【wa-syu 1st Anniversary】 OPEN一周年を記念して。『wa-syu』は、多くの皆さまに支えられて2021年12月で一周年を迎えました。全国のワイナリーからのレアな手描きメッセージ Vol.6を公開!

2022.7.27

【品種で選ぶと、日本ワインはもっと楽しい!ブドウ品種別ガイド】 ブドウ品種で選べば、日本ワインがもっと楽しくなる。日本固有種から欧州系品種まで、品種ガイドと、ワインエキスパートおすすめの銘柄を紹介します

TOP